トップページ > 最新情報 > 10月に2,000万台出荷~サプライヤーの間でiPhone XRの期待上昇

読了まで 213

10月に2,000万台出荷~サプライヤーの間でiPhone XRの期待上昇

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

iphone xr カラー 
 
10月26日に発売となるiPhone XRは、高価な有機EL(OLED)ディスプレイの代わりに液晶ディスプレイ(LCD)を採用するなどして、他のモデルと比べ価格が抑えられているのが特徴です。このため、iPhone売り上げの牽引役となるという見方が多くを占めています。

10月だけで2,000万台出荷


ニュースサイトDigiTimesが業界筋からの情報として伝えたところによると、iPhone XRは10月だけで2,000万台の出荷が期待されているそうです。この数字は以前の予想からの上方修正となります。
 
2,000万台という出荷台数がいかに桁違いかは、iPhone XS Maxが月間で400万~500万台と見積もられていることからも明らかでしょう。
 
かねてより報道があるように、iPhone XRは2018年で新iPhoneのうち50%超の出荷シェアを占めると考えられていますが、サプライチェーン関係者の話では「2019年初頭も勢いは続く」ようです。
 
予約状況がアナリストの予想を下回ったとされるiPhone XSですが、そのぶんをiPhone XRが埋め合わせることができるのかに、スマートフォン市場の注目が集まっています。

iPhone XR待ちの消費者も多い

iPhone XRは、OLEDディスプレイではなくLCD、デュアルカメラではなくシングルカメラ、フレームもステンレススチールではなくアルミニウムと、随所にコストカットが行われた“廉価版”モデルとなっています。
 
しかし、シングルカメラでもボケ機能が使えることや、iPhone XS/XS Maxと同じA12チップ、3D Touchの代わりにHaptic Touch(長押し)が採用されていることなど、上位モデルと遜色はありません。
 
さらには、iPhone XS/XS Maxにはないカラーバリエーションが豊富に用意されているとあって、「iPhone XR待ち」の消費者が多くいると言われています。
 
 
Source:DigiTimes
(kihachi)
 

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneXS/XS Max/XRの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ

カテゴリ : 最新情報, iPhone XR, iPhone  タグ : , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる