2018年9月18日 13時25分

読了まで 159

中国から米国への輸入品への高額関税、AirPodsやApple Watchは対象外

Apple Watch AirPods


 
アメリカのトランプ政権が、中国から輸入する製品に総額2,000億ドル(約22.3兆円)の関税を課すことを発表しましたが、Apple WatchAirPodsは対象から除外されていることが分かりました。

中国から米国への輸入品に高額関税を決定

アメリカ政府が、中国からの輸入品を対象に、10%の関税を上乗せすることを現地時間9月17日に発表しました。
 
関税が導入されれば、中国の工場で組み立てられているAirPodsApple WatchなどのApple製品も関税の対象となるのではないかと懸念され、ティム・クック最高経営責任者(CEO)が、ドナルド・トランプ大統領への書簡で再考を求めています
 
しかし、トランプ大統領は「関税が嫌なら、アメリカ国内で製造すればいい」とTwitterで返答し、課税の方針を変えないのではないかとみられていました。

AirPodsやApple Watchは課税対象から除外

しかし、関税対象品目のリストには、AirPodsやApple Watch、Mac miniといったApple製品が含まれていないことが分かりました。
 
同様に、Fitbitなどのスマートウォッチ製品も関税対象リストから除外されています。

HomePodやBeats製ヘッドホンが課税対象に

しかしながら、AppleのスマートスピーカーHomePod(日本未発売)や、Beatsのワイヤレスヘッドホン、すでに販売が終了しているAirPort Time Capsuleシリーズの製品は関税対象リストに含まれています
 
現時点で、課税対象リストに入った製品と除外された製品の区別について、その基準は明確になっていません。
 
アメリカによる今回の措置に対して、中国政府による報復措置も予想されていることから、今後の動向に注目が集まる状態が続きそうです。

 
 
Source:Bloomberg, 9to5Mac
(hato)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , , , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる