トップページ > 最新情報 > EU、AppleによるShazam買収を正式に認可
2018年9月7日 20時23分

読了まで 147

EU、AppleによるShazam買収を正式に認可

Shazam
 
Appleによる音楽検索サービスShazamの買収について、欧州連合(EU)は6日、「競争を阻害しない」として認可する方針を明らかにしました。

正式に買収を認可

昨年12月に買収が発表されてから9カ月が経過し、ようやくAppleはイギリス企業であるShazamを傘下に収めることが可能になります。
 
8月末の時点で、Reuterが「審査はAppleに有利な形で終了する」と報じていましたが、今回正式に発表されたことで、改めて買収に問題がないことが確認されました。
 
独占禁止法に抵触しないかを調査したEUはコミッショナーを通じ、「Shazamのユーザーや音楽データを徹底して分析した結果、Appleによる同買収は、デジタル音楽ストリーミング市場における競争を妨げるものではないことを確認した」との声明を発表しました。

すでにSiriを通してShazamのサービスは利用可能

これによって、Shazamが集めるデータ(どんな音楽がどれだけ検索されているか)を、AppleはApple Musicに活かすことができるようになるばかりか、Shazamユーザーに対してApple Musicを推奨することも可能となります。
 
siri
 
すでにiOSには、「この曲なに?」「この曲の名前を教えて」とSiriに尋ねて音楽を聴き取らせるだけで、Shazamが提供している音楽検索機能を駆使できるサービスが搭載されていますが、今後はもっと連携が深い形で行われそうです。
 
 
Source:THE VERGE
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる