過去12カ月間で26%のユーザーがFacebookアプリをスマホから削除〜米国調査

facebook マーク

facebook マーク
 
Facebookのユーザーデータが不正に使用されていたスキャンダルを受け、多くのユーザーがプライバシー設定を変更、またはFacebookアプリをスマホから削除していたことが、米シンクタンクの調査で明らかになりました。

変わりつつある人々のFacebookの使い方

最大8,700万人ものユーザーデータが不正流用されたといわれる、Facebookのスキャンダルが発覚したのは今年3月のことです。
 
元Cambridge Analytica従業員のクリストファー・ワイリー氏の告発によって明らかになった事件は、多くのユーザーのFacebookとの関わり方に影響を与えたようです。
 
シンクタンクPew Research Centerの調査によれば、過去12カ月間で米国の18歳以上のFacebookユーザーのうち54%が、プライバシー設定に何らかの変更を加えたとのことです。
 
また、42%がFacebookを一時的に使用するのをやめ26%のユーザーがFacebookアプリをスマホから削除したことがわかっています。
 
合計で74%のユーザーが前述の3つの行為のうちいずれかを行ったと回答しています。

若年層ではさらに多かったアプリの削除

18歳〜29歳の若年ユーザーに限って見ると、過去12カ月間で実に44%のユーザーがFacebookアプリをスマホから削除していたという事実が判明しました。65歳以上のユーザー(12%)と比べて、およそ4倍の削除率となっています。
 
若年ユーザーの64%が過去12カ月間にプライバシー設定を変更したと回答したのに対し、65歳以上のユーザーはわずか3分の1にとどまったのを見ても、若年層ユーザーの間でプライバシーに関する意識が高まっているのが伺えます。
 
ソーシャルメディアはすでにピークを迎えたとの報告もあり、Facebookのマーク・ザッカバーグ最高経営責任者(CEO)も、ユーザー数の伸びが鈍化したことを認めています。
 
 
Source:Pew Research Center
Photo:Anthony Quintano/Flickr
(lexi)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

特集

目次