トップページ > 最新情報 > Appleティム・クックCEO、サンフランシスコ・プライド・パレード2018に参加
2018年6月25日 16時59分

読了まで 21

Appleティム・クックCEO、サンフランシスコ・プライド・パレード2018に参加

サンフランシスコ・プライド・パレード
 
Appleティム・クック最高経営責任者(CEO)の姿が、米カリフォルニア州サンフランシスコで催された、レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー(LGBT)文化を讃えるイベント「サンフランシスコ・プライド・パレード2018」で目撃されていたことが明らかになりました。

Apple従業員は総勢1,000人で参加か

Twitter上で、Appleのカスタムメイド「プライド」ロゴTシャツを着た人たちの写真が大量に出回っていると伝えられています。サンフランシスコ・プライド・パレード2018に参加したApple従業員の数は1,000人にものぼるのではないかと推測されています。
 
Appleはこれまでもサンフランシスコ・プライド・パレードに積極的に参加してきました。2015年にもクックCEOの姿が目撃されています。今年のパレードでは、クックCEO以外にも、環境・政策・社会イニシアティブ部門ヴァイス・プレジデントのリサ・ジャクソン氏や、Apple Watchのフィットネス技術の開発を担当するジェイ・ブラニック氏ら、上級社員も見かけられたようです。
 
Appleは米国で最初に福利厚生を同性パートナーにも適用した企業の一つとしても知られています。
 


 
クックCEO自身も同性愛者であることを公言しており、同性結婚を積極的に支援したり、トランスジェンダートイレ法への反対を表明しています。クックCEOの思想はApple製品にも反映されており、最近Apple Watchのプライドバンドが復活したばかりです。
 
apple watch プライド
 
 
Source:AppleInsider
Photo:@therealandology/Twitter
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる