トップページ > iPhone7 > iPhone7をワイヤレス充電対応にしてみた〜ガラス背面パネルも装着
2018年8月29日 21時44分

読了まで 34

iPhone7をワイヤレス充電対応にしてみた〜ガラス背面パネルも装着


 
YouTuberのスコッティ・アレン氏が、iPhone7の背面に無線充電用コイルを取り付け、実際にワイヤレス充電が可能になるまでをドキュメントした新しい動画をアップロードしました。

深センに拠点を移し、動画制作に励むアレン氏

中国・深センでパーツを集め、iPhone7を自分で一から組み立てたYouTube動画や、iPhone7にイヤホンジャックを取り付ける動画で一躍有名人となったスコッティ・アレン氏は、今や深センに拠点を移し、さらなる動画の制作に取り組んでいるようです。
 
アレン氏の最新プロジェクトは、iPhone7をワイヤレス充電対応にするというものです。どのようなプロセスを経て完成までたどり着いたのでしょうか。

アルミ背面ではワイヤレス充電は不可能

iPhone7をワイヤレス充電に対応させるにあたり、第一の障壁となるのがアルミ製の背面パネルです。金属ではワイヤレス充電がうまく動作しないため、少なくとも無線充電コイルを設置する部分の金属に穴が開いている必要があります。
 
今回アレン氏は、iPhone8以前のiPhoneモデルをワイヤレス充電対応にするキットをすでに製作、販売するイェケ氏に運良く巡り会ったため、自分で一からパーツを集める方法を探るのではなく、キットを使うという比較的容易なプロジェクトとなった模様です。
 
まずiPhone7の正面パネルをアルミケースから引き剥がします。
 

 

 
そして、内部のコンポーネントをすべて取り外していきます。
 

 

 

 
ここまででアレン氏はまる一日を費やしました。次に無線充電用コイルを設置する部分に穴が開いた金属背面パネルへとコンポーネントを戻していきます。
 

無線充電用コイルの接続部分に苦戦

アレン氏は無線充電用コイルのバッテリーへの接続を拡大鏡を使って試みましたが、なかなかうまくはめられず、ひとまず夕飯を挟んでもう一度トライすると無事つなげることができたようです。
 

 

 
その後、すべてのコンポーネントを背面に穴の開いた新しいケースにすべて戻し、ワイヤレス充電器に置いて実際に試してみると、ワイヤレス充電が開始されました!
 

 
しかしながら、再び正面パネルをケースに完全に戻すとなぜかうまく充電が開始されないという問題に直面します。
 
アレン氏は、ワイヤレス充電キットを購入したイェケ氏の店に相談にいき、コツを教えてもらった後、再び家でチャレンジしましたがどうしてもうまくいきません。
 
キットの設計に何らかの問題があるのではないかとも思いましたが、イェケ氏が組み上げたサンプルiPhoneのワイヤレス充電は見事に動作しているため、イェケ氏を信じ、同じキットで組み立てを再開しました。

試行錯誤の末完成

試行錯誤の結果、イェケ氏のワイヤレス充電キットはちゃんと動作することがわかりました。問題は無線充電用コイルとバッテリーとの接続部分で、緩衝材のフォームのレイヤーの数など、微細な調整が必要とされた模様です。
 
ワイヤレス充電対応iPhone7は、最終的に無事組み上がりました。しかしながら、無線充電用コイルが外側から丸見え状態となっています。
 

アレン氏は、特別に注文した自身のYouTubeチャンネル「Strange Parts」のロゴが入ったガラス背面パネルをステッカー接着剤で貼り付けることにしました。これで念願の完成です。
 

 
アレン氏は、ワイヤレス充電キットの取り付け方をていねいに指南してくれたイェケ氏への感謝のしるしとして、自身のチャンネルStrange Partsのショップにて、イェケ氏のワイヤレス充電キットをガラス背面パネルをつけて100セット限定で販売しています。
 
注意書きに「普段使いのiPhoneではチャレンジしないように」と記されており、実装に伴うリスクの高さを警告しています。
 
 
Source:Strange Parts/YouTube, Strange Parts
(lexi)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : iPhone7, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる