トップページ > 最新情報 > Google製アプリの位置情報収集問題で初の集団訴訟!数百万人規模に拡大の可能性

読了まで 29

Google製アプリの位置情報収集問題で初の集団訴訟!数百万人規模に拡大の可能性

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

Google ロケーション履歴
 
ユーザーが位置情報をオフにしてもGoogleのアプリが位置情報の収集を続けていた問題で、Googleを相手取った集団訴訟が起こされました。原告団は、数百万人規模に発展する可能性もあります。

火に油を注いだ?Googleの対応に批判集まる

Google製アプリの設定で、ユーザーが端末を持って訪れた場所の履歴を記録する「ロケーション履歴」をオフにしていても、アプリがその設定を無視して位置情報の収集を続けている、と先日Associated Pressが報じ、大きな反響を呼びました。
 
その数日後、Googleはロケーション履歴に関するヘルプページから「ロケーション履歴をオフにすると訪問した場所は保存されない」という説明文を削除し、こっそりと内容を変更していたことが明らかになり、さらに批判を浴びています。

iOSとAndroidの両ユーザーを代表する集団訴訟に

カリフォルニア州サンディエゴに住むナポレオン・パタクシル氏は現地時間8月17日、Googleはカリフォルニア州のプライバシー法や憲法のプライバシー権を侵害していると主張して、Googleを相手取った集団訴訟を起こしました。
 
訴状を受理したサンフランシスコの裁判所が、パタクシル氏の訴えを集団訴訟として取り扱うかを判断するには、1カ月以上の時間がかかるとみられています。
 
パタクシル氏の訴えは、iOSユーザーとAndroidユーザー両方の代表として起こされていることから、裁判所が集団訴訟として認めた場合、原告団の規模は数百万人規模になる可能性もあります。

Google、連邦取引委員会からの命令に違反との指摘も

8月17日には、ワシントンD.C.に本部を置くプライバシー擁護団体、電子プライバシー情報センター(Electronic Privacy Information Center)の弁護士が、連邦取引委員会(FTC)に、GoogleはFTCから2011年に下された命令に違反している、とする書簡を送りました。
 
FTCはGoogleに対し、個人情報の収集・使用目的をユーザーに正確に伝えること、ユーザーは収集された情報の使用や開示をコントロールする権利を持つことを明示するよう命じていました。

 
 
Source:Ars Technica, CNET
(hato)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneXS/XS Max/XRの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる