2018年8月15日 00時53分

読了まで 232

Google製アプリは、設定を変えてもユーザーの位置情報を収集し続ける

Google 「個人情報とプライバシー」


 
マップ」などのGoogleには、iOS版、版ともに、端末を持って訪れた場所を記録する「ロケーション履歴」機能があります。この機能は、オフにしていてもユーザーのを記録している、とAP(Associated Press)が報じています。

「ロケーション履歴」オフでもGoogleはユーザーの訪問先を把握している

「ロケーション履歴」は、端末を持って訪問した場所の位置情報Googleのマップ上に記録することで、過去の行動パターンからおすすめの飲食店をピックアップする、などの用途に使うことができます。「ロケーション履歴」は、初期状態ではオンに設定されています。
 
Google ロケーション履歴
 
Googleに居場所を把握されたくない場合、「ロケーション履歴」はアカウント設定からオフにすることができます。
 
しかし、米プリンストン大学でコンピュータ科学を研究するガナー・アカー氏は、「ロケーション履歴」をオフにしていても、Googleが同氏の訪問先を細かく記録していることを発見しました。

Android端末だけでなくiPhoneでも同様の結果に

これは、Googleアカウントの「ロケーション履歴」がオフになっていても、いくつかのGoogleアプリが設定を無視して位置情報を収集し続けているため、という可能性があります。
 
アカー氏はAndroidデバイスで位置情報収集に気づきましたが、APが試したところ、Google製アプリが入っていればでも同様の結果になったそうです。

「ウェブとアプリのアクティビティ」もオフにする必要あり

APがGoogleに確認したところ、Googleがユーザーの位置情報を収集するのを止めるには、「ロケーション履歴」だけではなく、「ウェブとアプリのアクティビティ」をオフにする必要がある、とのことです。
 
Google 「ウェブとアプリのアクティビティ」
 
これらの設定は、Googleの「マイ アクティビティ」ページから確認・変更することができます。
 
しかし、Googleアカウントの設定に関するページが複数の項目に分散していてわかりにくい、とAPは批判しています。

設定アプリで位置情報の使用を「許可しない」にしても変わらず

iOS端末の場合、「設定」アプリの「プライバシー」から「位置情報サービス」でGoogle製アプリの位置情報使用を「許可しない」にしても、実際にはGoogleのアカウント情報として位置情報が記録されており、「マイ アクティビティ」で記録が確認できます。
 
Googleがユーザーの位置情報を収集するのは、行動履歴に基づいた利便性を提供するためであり、悪意によるものではありません。しかし、それでもGoogleに自分の位置情報を把握されるのを心地良く思わないユーザーもいるのが事実です。
 
今後、Googleによるユーザー情報の収集について、ユーザーにわかりやすい情報提供や設定方法の提供が求められることとなりそうです。
 
 
Source:Associated Press via MacRumors
(hato)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる