トップページ > 最新情報 > 【注意】Bluetoothにバグ、通信内容が盗まれる危険性!McAfeeが報告

読了まで 212

【注意】Bluetoothにバグ、通信内容が盗まれる危険性!McAfeeが報告

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

Bluetooth Apple
 
iPhoneやAndroidスマートフォンのBluetooth機能にバグがあり、通信内容を盗み取られる脆弱性がある、とネットワークセキュリティ企業のMcAfeeが注意喚起しています。iPhoneの場合、iOS11.4で対策済みです。

Bluetoothペアリング機器間の通信内容を盗み取られる可能性

MMD研究所の調査によると、ワイヤレスイヤホンで音楽を聴いたり、カーナビと接続してハンズフリー通話を使ったりといった、スマートフォンとBluetoothを組み合わせての利用経験者は、スマートフォン利用者の約6割にのぼります。
 
McAfeeによると、このたびBluetoothに発見されたバグ「ユーザーの30メートル以内にいる攻撃者が、Bluetoothでペアリングされているデバイス間で共有されているデータを盗み、解読することを可能にしてしまう」という危険性を持っています。

iPhoneやiPad、多くのAndroid端末も攻撃を受ける可能性

発見されたバグの影響範囲は広く、BroadcomあるいはQualcomm製のチップが搭載されたiPhoneやiPadも攻撃を受ける可能性があります。
 
このほか、6月より前に発売されたAndroid端末、Intel、Broadcom、Qualcommのチップを搭載したスマートフォンやパソコンが攻撃を受ける可能性がある、とのことです。

対策は最新のOSへのアップデート

Appleは、iOS11.4macOS High Sierra 10.13.6でこの問題に対処しているほか、Androidも2018年6月のセキュリティパッチで対処済みです。
 
まだ上記のアップデートを適用していない方は、早めの適用をお勧めします。
 
McAfeeは、最新ソフトウェアへ更新していない端末を使う場合は、極力Bluetoothをオフにするよう、呼びかけています。

昨年9月にもBluetoothの深刻な脆弱性が話題に

2017年9月には、「BlueBorne」と呼ばれる脆弱性により、OSに関係なく世界で約53億台の端末が乗っ取られる危険性が指摘されて話題になりました。
 
「BlueBorne」の危険性が発見された際も、最新版のOSへのアップデートが呼びかけられています。

 
 
Source:McAfee, ケータイwatch
Photo:Apple
(hato)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneXS/XS Max/XRの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる