トップページ > 最新情報 > ワールドカップの真の勝者はApple?
2018年7月10日 16時27分

読了まで 211

ワールドカップの真の勝者はApple?

airpods
 
FIFAワールドカップのスポンサーとなるには相当額の料金を支払わなければなりませんが、Apple公式なスポンサーとならずとも自社製品の宣伝に成功したようです。

FIFAのマーケティング収益は16億ドル

今年のワールドカップから得られるFIFAのマーケティング収益は16億ドル(約1,777億円)に上るともいわれており、公式スポンサーとなるには相当金額の支払いを要します。
 
FIFAは、大会の公式スポンサーとならずに選手に直接お金を払ってブランドマーケティングを行う、アンブッシュマーケティング(ambushは待ち伏せの意)を厳しく禁じており、スポンサーでない企業のブランドロゴはテープで隠されることになっています。

多くの選手が移動時に身につけていたAirPods

しかしながら、多くの選手が移動時に身につけていたのはAppleのAirPodsBeatsのヘッドホンでした。ベルギー代表のロメル・ルカク選手や、イングランド代表のマーカス・ラッシュフォード選手はBeatsロゴが隠されたヘッドホンを使用していましたが、デザインが特徴的であるため誰でもそれがBeatsのヘッドホンであることがわかってしまいます
 
またAirPodsに至っては、メキシコ代表のギジェルモ・オチョア選手や、ドイツ代表のユリアン・ドラクスラー選手、イングランド代表のジェシー・リンガード選手、カイル・ウォーカー選手、ダニー・ウェルベック選手、アルゼンチン代表の選手たち、ポルトガル代表の選手たち、そしてブラジル代表のネイマール選手が移動時に使用していたことがわかっています。
 
AirPodsはそのあまりにユニークなデザインゆえ、そこからにじみ出るAppleブランドをどうやっても隠すことはできません
 
airpods

すっかり人々の間で馴染んだAirPods

Appleが特定のサッカー選手と宣伝契約を結んでいたかは定かではありませんが、FIFAの厳しいマーケティング規制をかいくぐり、大会の公式スポンサーとなることなく、自社製品のイメージ向上を達成できたのは間違いないようです。
 
AirPodsのユニークなデザインは、一時議論を巻き起こすほどとなっていましたが、今ではすっかり人々の間で定着し、Appleのその他カテゴリーの製品として重要な戦力となっています。
 
 
Source:Quartz
Photo:Apple
(lexi)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる