トップページ > 最新情報 > Wistron、iPhone9の組み立てから外れる見通し~3月の品質問題が関係か
2018年7月6日 19時47分

読了まで 21

Wistron、iPhone9の組み立てから外れる見通し~3月の品質問題が関係か

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

iPhone9 6.1インチ コンセプト Jonas Dähnert
 
iPhoneの組み立てサプライヤーとして知られるWistronが、次世代iPhoneについては担当から外れる見通しであることが明らかとなりました。

PegatronとFoxconnが代替

サプライヤー事情に詳しい経済日報によると、6.1インチ版の液晶ディスプレイ(LCD)を搭載した次世代iPhone(iPhone9)について、AppleがWistronを組み立て請け負い業者から外したようです。
 
アナリストらの観測によると当初、iPhone9はPegatron、Foxconn(鴻海)、Wistronがそれぞれ6:3:1の比率で組み立てに当たると考えられていました。
 
iphone9 iphone x xi 量産 wistron foxconn pegatron
 
有機EL(OLED)を搭載した2モデル(iPhone XI/XI Plus)はFoxconnがほぼ独占すると考えられているため、これでWistronは、2018年9月にリリースされる予定の3モデルのうち、そのどれも担当しないことになります。Wistronが離脱したことによる代わりの量産は、PegatronとFoxconnが行う見通しです。

未認可の部品使用が関係か

Wistronが組み立てを請け負わない理由について、はっきりとした理由は明らかになっていませんが、富邦投顧科技のアナリストであるリャオ・シャンイー氏は「3月に起きた品質問題のせいだろう」と分析しています。
 
Wistronは3月、Appleが認可していない部品を使用してiPhone8 Plusを組み立てていたことが発覚し、2週間の製造中止を命じられています。
 
先日も量産計画の遅れが報じられるなど、何やら雲行きが怪しくなってきた6.1インチのLCDを搭載したiPhone9ですが、他のOLEDモデルと比べて「廉価版」という位置づけとなるため、高い需要が見込まれています。それだけにAppleとしても、さらなる遅延は避けたいところでしょう。
 
 
Source:経済日報
Photo:Jonas Dähnert
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報, iPhone9  タグ : , , , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる