トップページ > 最新情報 > 9月の新作発表会ではiPhone、MacBook Air、Apple Watchが登場か

読了まで 220

9月の新作発表会ではiPhone、MacBook Air、Apple Watchが登場か

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

Apple iPhone X
 
2018年9月に開催見込みのAppleの新作発表会でお披露目が予定されている、iPhone XIとも呼ばれる次世代iPhoneのほか、MacBook AirとApple Watchについて、サプライヤー各社が本格的に動き出しているようです。これによって、具体的な出荷台数の見通しも上がり始めています。

iPhone9は量産開始が当初の計画よりも遅延?

サプライヤーの動向に詳しい経済日報によると、iPhone XIや次世代MacBook Air、Apple Watchといった新製品のため、部品や組み立てを担当するサプライヤーは人員募集を本格的にスタートさせたようです。
 
iPhoneについては、ディスプレイに有機EL(OLED)を配した、5.8インチ/6.5インチのiPhone(iPhone XI/iPhone XI Plus)と、6.1インチの液晶(LCD)ディスプレイを搭載したiPhone9がリリースされると考えられています。
 
また、サプライヤー関係者の予測によると、このうちiPhone XIが2,500万台、iPhone XI Plusが4,500万台の販売台数となるようです。ただ、iPhone9は600〜700ドル(約6万6,000円〜7万7,000円)ほどの「廉価版」という位置づけであることから、当初は全体の半分ほどの出荷台数を占めると考えられていたものの、ノッチを搭載したLCDの歩留まりが悪く、量産の遅れによって発送が11月にまでずれ込むことが予想されており、最終的には年内で3,000万台ほどの出荷にとどまるようです。
 
なお、iPhone XI/XI PlusについてはFoxconnが、iPhone9についてはWistronとPegatronがそれぞれ組み立てを請け負うとのことです。

MacBook AirとApple Watchも

iPhone以外にも、9月の新作発表会ではMacBook AirとApple Watchの新作モデルが登場すると考えられています。
 
とくにMacBook Airについては、5月の時点でAppleがサプライヤーに対して、量産の開始時期を2018年後半に延期することを通達したという報道がありました。元KGI証券のアナリストであるミンチー・クオ氏によると、現行モデルよりも価格が安くなる(10万円以下)ことが予想されており、ハイエンドモデルであるMacBook Proとの差別化が進むと考えられています。
 
また、Apple Watchについてはサイズこそ同じであるものの、ベゼルが狭まることで従来よりも15%ほどディスプレイサイズが大きくなるようです。
 
 
Source:経済日報
(kihachi)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneXS/XS Max/XRの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる