2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iOS11.4にアップデート後、バッテリーの減りが激化?Wi-Fiの問題か

    iOS11.4

    iOS11.4
     
    5月末に公開されたiOS11.4をインストールした後、バッテリーの消耗が激しくなった、と一部のユーザーがAppleのサポート掲示板で報告しています。Wi-Fi関係のバグの可能性が指摘されています。

    iOS11.4へのアップデートでバッテリー消耗が激化

    iOS11.4は、AirPlay 2やメッセージのiCloud保管に対応したほか、各種バグを修正し、5月末に公開されました
     
    しかし、Appleのサポート掲示板には、以下のような書き込みがみられます。
     

    私のiPhone6は、iOS11.4にアップデートするまで、何の問題もなく動いていました。しかし、iOS11.4にアップデートしてから、これまでにない早さでバッテリーが消耗しています。使いものになりません。以前、バッテリーは1日持っていたのに、今では半日しか持たないのです。

     

    私はiPhone6sで使う機能にかなり気を配っていて、マップアプリを使わなければ、通常、バッテリーは24時間以上持っていました。しかし、iOS11.4にアップデートしてから、11時間後のバッテリー残量は2%になっていたのです。アップデートする前の半分以下の持ちです。

     
    同様の報告は、iPhone7、iPhone7 Plus、そして最新モデルのiPhone8、iPhone8 Plus、iPhone Xのユーザーからも書き込まれています。

    Wi-Fi関係のバグが影響?次期アップデートで修正か

    掲示板には、Wi-Fi関連の不具合が原因ではないか、との推測からWi-Fiをオフにしたり、5GHzのネットワークから2.4GHzのネットワークに切り替えることで問題が解決するようだ、とも書き込まれていますが、一部のユーザーは効果がなかった、とも書き込んでいます。
     
    掲示板には、700名以上のユーザーが同様の問題を報告していますが、本稿執筆時点においてAppleからはコメントがありません。
     
    現在開発者向けのベータ2が公開されているiOS11.4.1のアップデートで、このバグが修正されることに期待したいところです。

     
     
    Source:Apple Support Forum, The Inquirer via Cult of Mac
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次