トップページ > Apple Watch > Apple、watchOS 5ベータを開発者向けに改めて公開
2018年6月12日 06時47分

読了まで 139

Apple、watchOS 5ベータを開発者向けに改めて公開

watchOS walky talky
 
Appleは現地時間6月11日、Apple Watch向けOSであるwatchOS 5のベータ版を改めてリリースしました。

一時的に公開を中止

Appleは世界開発者会議(WWDC 18)で基調講演が終了した直後に、ほかのOSのベータとともにwatchOS 5ベータをリリースしましたが、一部の開発者から、同ベータ版をインストールするとApple Watchがフリーズするという問題の報告があったため、公開を中止、ダウンロードできないようにしていました
 
今回アップデートされたベータではこの問題が修正されています。
 
なおiOS、macOS、tvOSについては、ベータ版が開発者だけでなく一般登録テスター向けにもパブリックベータ版として公開されていますが、watchOSのベータは開発者向けのみとなっています。

トランシーバー機能などを追加するwatchOS 5

今秋公開予定のwatchOS 5では、Apple Watch同士のトランシーバー機能やアクティビティの共有による競争、自動でのワークアウトの検出、Appleのポッドキャストや他社製アプリへのSiriフェイスからのアクセスといった、さまざまな機能が導入されます。
 
 
Source:MacRumors
(lunatic)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : Apple Watch, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる