トップページ > Apple Watch > 2018年のApple Watch、サイドボタンの仕様変更で耐水性能向上か
2018年6月9日 12時51分

読了まで 24

2018年のApple Watch、サイドボタンの仕様変更で耐水性能向上か

Apple Watch Series 3
 
2018年のApple Watchでは、側面のサイドボタンやデジタルクラウンが物理ボタンではなくなり、Taptic Engineによる触感フィードバックで、操作感を再現するようになる、とFast Companyが報じています。

物理ボタンからソリッドステートボタンへ

2018年か2019年のApple Watchで、側面のボタンが物理ボタンから静電容量方式のソリッドステートボタンに変更される、と事情をよく知る人物から得た情報として、Fast Companyが報じています。
 
Taptic Engineによる触感フィードバックで、物理ボタンと同様の操作感を再現するソリッドステートボタンは、iPhone7/7 Plusのホームボタンに導入されているほか、MacBookやMacBook Proのトラックパッドと同様の方式です。
 
ただし、Apple Watchのデジタルクラウンとサイドボタンの配置に変更はなく、デジタルクラウンを回して画面をスクロールする操作も引き継がれるとのことです。

耐水性能向上などに効果

ソリッドステート方式のボタンが採用されることで、耐水性能の向上につながるほか、本体内部のスペースを節約でき、バッテリー容量拡大や新しい部品の追加が可能になると伝えられています。

ボタンに健康関係のセンサーも搭載か

Fast Companyの情報源となっている人物は、Apple Watchのソリッドステートボタンに、心拍数など健康関連のセンサーを内蔵する開発を進めている、とも語っています。
 
現在もApple Watchの背面には心拍数センサーがありますが、接触点を増やすことで計測可能な項目が増えると期待されます。
 
また将来的には、Apple Watchからボタン類を完全に廃止し、側面のタッチセンサーだけで操作可能にする計画もあるそうです。

画面サイズ拡大やバッテリー持ち改善などの噂も

次世代のApple Watchについては、画面サイズが拡大しバッテリーの持ちが改善する、と著名アナリストが予測しています。

 
 
Source:Fast Company
(hato)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : Apple Watch, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる