トップページ > iOS > iOS12ではAirDropでパスワードが共有可能に
2018年6月8日 08時30分

読了まで 148

iOS12ではAirDropでパスワードが共有可能に

passwordsios12
 
複雑なパスワードはセキュリティ面では安全なものの、たとえば雑誌や新聞の購読アカウントを複数で共有する場合、相手に教えるのが大変です。iOS12では、AirDropを使って友人や家族とパスワードが共有できるようになります。

AirDrop経由で複雑なパスワードを共有

iOS12ではiCloudキーチェーンのアップデートなどにより、パスワード管理が簡単になり、数字とアルファベットが混在する複雑なパスワードを設定しても、ユーザー自身が記憶しておく必要がなくなります。
 
しかしパスワードが複雑になると、安全性は高まる一方、家族や友人との共有が難しくなります。Appleはこうした需要を考慮し、iOS12ではAirDrop経由で、パスワードを共有できるようにしています。

iOS12またはmacOS Mojave搭載デバイスと共有可能

iPhoneで「設定」を開き、「アカウントとパスワード」をタップ、「AppとWebサイトのパスワード」をタップします。次の「パスワード」画面で、パスワードを共有したいサイトやサービスを選び、「パスワード」部分をタップすると、iOS12ではAirDrop画面が表示されます。ここで共有する相手のデバイスを選択します(トップ画像を参照)。
 
相手がiOS12またはmacOS Mojaveを搭載したデバイスであれば、このAirDropでのパスワード共有が可能となります。共有する場合、両方のデバイスでTouch ID、Face ID、またはパスワードでの認証が必要です。

 
 
Source:MacRumors
(lunatic)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる