トップページ > 最新情報 > MacBookのタッチスクリーン搭載は将来的に避けられない?
2018年6月4日 17時04分

読了まで 148

MacBookのタッチスクリーン搭載は将来的に避けられない?

Twitter

Twitter

pocket

Pocket


 
これまでiPhoneやiPadに搭載されてきたARMベースのチップがMacBookに採用されるのではないかと報じられたのは先月末のことですが、Appleがモバイル端末とコンピュータの間のようなデバイスを作る場合、タッチスクリーンの搭載は避けられないのではないかと、オンラインメディアBGRは独自の意見を述べています。

ARMベースのMacBook開発の可能性は濃厚か

米メーカーDellが、モバイル端末に通常使用されるQualcommのSnapdragon 845システム・オン・チップを搭載した「Surface Phone」なるデバイスを開発中との情報が流れるなど、スマートフォンとノートパソコンを掛け合わせる方向性がデバイス業界に生まれつつあります。QualcommはWindowsコンピュータ向けにSnapdragon 850を開発していると先月末報じられたばかりです。
 
ARMがノートパソコン並みのパフォーマンス性能と、スマートフォンのような省電力を兼ね揃えた新コア「Cortex-A76」を発表するなど、Appleのライバル企業が強力なチップを作りやすい環境が整いつつある中、Appleが自社製のARMチップを基としたMacBookを開発していないわけがないと、BGRは推測しています。
 
Appleは、ノートパソコンにタッチスクリーンを搭載していないことでラップトップブランドランキングで低評価となっていることもあり、将来的にMacBookへのタッチスクリーン搭載は不可避なのではないかといわれています。
 
 
Source:BGR
(lexi)

カテゴリ : 最新情報, Mac  タグ : , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる