トップページ > 最新情報 > Apple、Telegramのアップデートを承認へ~ロシア当局の圧力に屈せず
2018年6月2日 21時16分

読了まで 27

Apple、Telegramのアップデートを承認へ~ロシア当局の圧力に屈せず

ロシア apple telegram


 
メッセージアプリ「Telegram」について、ロシア当局がAppleに対し同国のApp Storeからアプリを削除するよう働きかけている問題で、AppleがTelegramのアップデートを受け入れたことが分かりました。

CEOからの苦情が後押し?

Telegramは暗号化通信を可能にするメッセージアプリですが、それ故にテロリストに悪用される恐れがあるとして、ロシアでは4月より使用が禁止されています。
 
こうした事情を受け、AppleもTelegramのアプリのアップデート承認を見合わせていました。しかし、アップデートの見合わせはロシアの国外ユーザーにまで影響が及ぶため、Telegramの最高経営責任者(CEO)であるパヴェル・ドゥロフ氏が苦情を申し立てていました。
 
そして1日、ドゥロフCEOの申立が奏功したのか、一転して、AppleがTelegramの全世界共通のアップデートを受け入れたことが分かりました。同氏はAppleに謝辞を述べています。ただ、ロシアのApp StoreにおいてはTelegramの扱いがどうなるかは分かりません。
 

今のところアプリは削除されていないが

ロシア当局が使用を禁止しているにもかかわらず、現時点で同国のApp StoreからTelegramは削除されていません。
 
ただし、中国ではVPNアプリCallKitアプリがApp Storeから「国内の法律に則って」削除されてきたことを思えば、今後の状況次第ではTelegramがロシアのストアから消える可能性もなくはないでしょう。
 
プライバシー尊重を掲げてきたAppleとしては、どこまで現地政府の意向に従うのか、見極めが重要となりそうです。
 
 
Source:PhoneArena,THE VERGE
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる