トップページ > 最新情報 > macOS 10.13.5正式版が公開、「iCloudにメッセージを保管」に対応

読了まで 148

macOS 10.13.5正式版が公開、「iCloudにメッセージを保管」に対応

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

macOS High Sierra 10.13.5 MacRumors
 
Appleは現地時間6月1日、macOS High Sierra 10.13.5の正式版を公開しました。iOS11.4が一足先に対応した、「iCloudにメッセージを保管」に対応しています。

「iCloudにメッセージを保管」に対応

現地時間6月1日に公開されたmacOS High Sierra 10.13.5は、「iCloudにメッセージを保管」に対応しています。この機能は、現地時間5月29日に公開されたiOS11.4が先に対応していました。
 
この機能により、メッセージと添付ファイルをiCloudに保管することで、Macの空き領域を増やすことができます。
 
設定は、「メッセージ」アプリから「環境設定」を開き、「アカウント」をクリックして「iCloudにメッセージを保管を有効にする」を選択します。
 

macOS 10.13.5
 
Appleは、macOS10.13.5のアップデートについて「お使いのMacの安定性、パフォーマンス、セキュリティを改善」するアップデートと説明し「全てのユーザに推奨」としています。

macOS10.13.5公開より先にmacOS10.13.6ベータが公開

Appleは、macOS10.13.5の正式版を公開する前に、macOS10.13.6の最初のベータを現地時間5月30日に、パブリックベータを5月31日に公開しています。
 
なおmacOS10.13.6のベータは、特に目新しい新機能や大きな変更はなく、バグ修正が中心の小規模なアップデートとみられます。

 
 
Source:MacRumors
(hato)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneXS/XS Max/XRの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ

カテゴリ : 最新情報, Mac  タグ : , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる