今秋の液晶モデル名は「iPhone8s」、本体色はブルー、イエロー、ピンクか

    iPhone5c一覧

    iPhone5c一覧
     
    今年秋に発売される3モデルのiPhoneのうち、液晶モデルの名称は「iPhone8s」で、ブルー、イエロー、ピンクを含むカラーバリエーションが用意される、とするアナリストの予測が発表されました。2013年のiPhone5cのような位置付けになると考えられます。

    iPhone5cのようなカラーバリエーションに?

    2018年秋、iPhone Xの後継となる有機EL(OLED)ディスプレイモデル、6.5インチの大型OLEDモデル、そして6.1インチの液晶モデルの合計3モデルが発売されると言われています
     
    そのうち、低価格のミッドレンジモデルと位置付けられる液晶モデルについては、ブルー、イエロー、ピンクを含む複数の本体色が発売される、との予測をRosenblatt証券のアナリスト、ジュン・チャン氏が発表しています。

    「Appleは今後、毎年3モデルを発売」

    チャン氏は、液晶モデルを「iPhone8s」と呼び、Appleが今後、毎年3モデルのiPhoneを発売する、と予測しています。

    毎年3モデルの新型iPhoneを発売し始めるにあたり、Appleは液晶モデルのデザインをハイエンドのOLEDモデルと差別化する必要があるだろう。ひとつの合理的な選択は、カラーバリエーションを追加することだ。

     
    なお、Appleは2013年にハイエンドモデルiPhone5sと同時に、カラフルな5色のiPhone5cを発売しています。
     
    チャン氏の予測について米メディア9to5Macは、あくまでも同氏の予測に過ぎないが、低価格モデルとして発売されたiPhone5cと同様、若者を取り込むためにカラーバリエーションを用意するのは考えられる戦略だろう、と評価しています。

    2019年のiPhoneにはトリプルカメラを搭載、との予測も

    チャン氏はさらに、最近の調査の結果として、2019年発売のiPhoneは背面に3つのカメラを搭載し、iPhone XのTureDepthカメラのような3Dセンシング機能をリアカメラに統合する計画だ、と語っています。
     
    iPhone トリプルカメラ iDropNews
     
    2019年のiPhoneにトリプルカメラが搭載されるとする予測は、4月に台湾メディアの経済日報が報じているほか、先日はYuanta Securities Investment Consulting のアナリストであるジェフリー・プー氏も同様の予測を発表しています

     
     
    Source:StreetInsider, 9to5Mac
    Photo:iDropNews
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次