2018年5月11日 01時12分

読了まで 157

6.1インチ液晶iPhone、LG製の明るいディスプレイを採用?韓国メディア報道

LG G7 ThinQ


 
2018年秋の発売が予測されているのうち、6.1インチモデルに、製の「MLCD+」と呼ばれるが採用される、と韓国メディアBusiness Koreaが報じています。

韓国メディアが「液晶iPhoneにMLCD+採用」と報道

先日、PatentlyAppleが「あくまでも推測」として、液晶モデルのiPhoneにLG Display製のMLCD+ディスプレイが採用されるかもしれない、と伝えていました。
 
その数日後、現地時間5月9日にBusiness Koreaが「スマートフォン業界」から得た情報として、iPhoneの液晶モデルにはLG製のMLCD+ディスプレイが採用されると報じています。
 
MLCD+は、従来の液晶が色を表現するのに使っている赤・緑・青の光の3原色に「白」を加えることで、明るく鮮明な画質と省電力が実現できるのが特徴です。
 
MLCD+ディスプレイは、LG製スマートフォンのG7 ThinQに採用されています。

Apple情報を扱うメディアは批判的に報道

この報道について、元となる予測情報を伝えたPatently ですら、「スマートフォン業界」という不明確な情報源、液晶ディスプレイのメリットが低価格であることを挙げて「曖昧な情報だ」と批判しています。
 
AppleInsiderは、製品化されたばかりの最新技術であるMLCD+が、3モデルの中で低価格帯を担うとみられる液晶モデルに採用されるとは到底考えられない、と強く否定しています。
 
なお、ジャパンディスプレイがiPhone用の液晶パネルを大量に受注した、と日本経済新聞が3月末に報じています。

 
 
Source:Business Korea, Patently Apple, AppleInsider
Photo:LG
(hato)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる