トップページ > 最新情報 > スティーブ・ジョブズ氏、Apple Store開店計画をLVMH会長に相談していた

読了まで 231

スティーブ・ジョブズ氏、Apple Store開店計画をLVMH会長に相談していた

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

Apple Tysons Corner MacStories
 
Appleの共同創業者スティーブ・ジョブズ氏が、最初のApple Storeを開店する前、ルイ・ヴィトンやクリスチャン・ディオールなど高級ブランドビジネスのLVMHグループのトップに、店舗づくりについて助言を求めていたことが分かりました。

「Appleの直営店を持つことについて意見を聞きたい」

スティーブ・ジョブズ氏は、1996年にAppleに復帰して少し経った頃に、LVMHグループの取締役会長であるベルナール・アルノー氏に連絡してきたそうです。その内容は、Appleの自社ブランドで直営店を持つことについて意見を聞きたい、というものでした。
 

ベルナール・アルノー氏 WIkimedia

ベルナール・アルノー氏


 
アルノー氏は、当時のことをこう振り返っています。

その当時、Appleが店舗を持つなんてクレイジーな考えだ、と彼のライバルたち全員が言っていた。Dellがそう言っていたのは覚えている。
 
しかし、彼らは明らかに間違っていた。Apple Storeは今、大きな成功を収めているのだから。

 
残念ながら、アルノー氏からジョブズ氏への助言の内容は明かされていません。
 
そしてアルノー氏は以前、Appleの株式を持っていたそうですが、その後手放してしまったことを後悔しているそうです。Appleの株価は、現地時間5月1日に発表された好調な業績を受けて上昇しています。

パソコンショップを再発明したApple

世界初のApple Storeは2001年5月に、カリフォルニア州ロサンゼルス近郊のグレンデールと、ワシントンD.C.に近いバージニア州マクレーン、それぞれのショッピングモール内にオープンしました。
 

Apple Tysons Corner MacStories

 
Apple製品と共通する、シンプルでスタイリッシュな店内デザインは、他のコンピュータ企業には思いもつかないような、まさにファッションブランド店のようでした。

 
開店を間近に控えた、Apple Store1号店の店内の様子は、ジョブズ氏が興奮気味に紹介する動画で確認できます。
 

2003年、米国以外初のApple Storeが銀座に進出

現在のApple Storeは、「街の広場のような存在」をコンセプトとして、製品の使い方や写真の撮り方のレッスンやライブパフォーマンスなど、フレキシブルに活用できるスペースが設けられています。
 
アメリカ以外へのApple Store進出第一号は、2003年にオープンしたApple 銀座でした。
 
2018年4月には、最新の店舗コンセプトを持つApple 新宿が開店しているほか、年内にあと2店舗がオープンする予定と発表されています。

 
 
Source:CNBC, Cult of Mac
Photo:Wikimedia Commons, MacStories
(hato)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneX/8/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる