ウィーン国際空港で目撃されたAirPowerは偽物、発売時期は未定


 
複数のワイヤレス充電対応デバイスを同時に充電できる、Appleが発売予定のAirPowerとみられるデバイスが、オーストリアのウィーン国際空港で販売されているのが目撃されましたが、偽物であったことがわかっています。

本物の発売はいつになるのか

2018年の発売が噂されている、Appleのワイヤレス充電マットAirPowerと思しきデバイスが、ウィーン国際空港の到着ロビーで売られているのを発見したのはTwitterユーザーThePeterAllan氏(@ThePeterAllan)です。
 
「AppleのAirPowerがウィーン国際空港の到着ロビーで販売されている。しかし、200ドルもする!」
 


 
しかしながら、米メディアAppleInsiderによれば、このAirPowerは偽物であるとのことです。オークションサイトeBayなどで容易に見つけることができたようです。
 

 
Apple関連の正確な情報で知られるKGI証券のミンチー・クオ氏は以前、2018年3月にAirPowerの販売が開始されるとの予測を発表しましたが、いまだデバイスの発売時期は未定となっています。
 
AirPowerよりも高速な充電が可能で、スタンドとしても使用できる「Plux」がクラウドファンディングサイトで目標額の約8,900%もの出資を集める人気となるなど、サードパーティ製品にすでに先を越されている印象が強くなっています。
 
 
Source:AppleInsider
(lexi)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

特集

目次