トップページ > iOS > Apple、iOS11.3を予告!バッテリー状態の確認機能、4つのアニ文字追加など
2018年1月25日 00時32分

読了まで 238

Apple、iOS11.3を予告!バッテリー状態の確認機能、4つのアニ文字追加など

iOS11.3 アニ文字
 
Appleは現地時間1月24日、iOS11.3のアップデート内容を発表しました。同日中に最初のベータ版が開発者向けに公開され、一般向けの正式版は今春に公開予定です。iPhoneのバッテリー状態を簡単にチェック可能になるほか、新作アニ文字の追加など多くの新機能が追加されます。

バッテリー状態をチェック、動作抑制はオフも可能に

Appleは、iOS11.2.5を一般向けに公開した翌日、iOS11.3の内容を予告しています。
 
バッテリーの古くなったiPhoneのパフォーマンスを意図的に抑制していた問題に対応した新機能としてAppleが予告していたとおり、設定アプリの「バッテリー」メニューから、バッテリーの劣化状態を確認可能になります。
 
また、バッテリーの劣化状態に応じて、予期せぬシャットダウンを防ぐためにパフォーマンスが抑制されているかを知ることができるようになるほか、ティム・クック最高経営責任者(CEO)が先日のインタビューで語っていたように、この制御をオフにすることもできるようになります。

4つの新しいアニ文字が追加、全部で16種類に

iPhone Xの新機能として人気を集めているアニ文字には、ドラゴン、熊、ガイコツ、ライオンなど4種類の新しいキャラクターが追加されます。
 
iOS11.3 アニ文字

ARKit 1.5に進化、垂直面にも合成可能に

Appleが重視する拡張現実(AR)対応アプリ開発環境のARKitが、ARKit 1.5に進化し、さらにリアルなAR映像を生成可能になります。
 
iOS11.3 ARKit 1.5 Apple
 
従来、床やテーブルなど水平面にしか配置できなかったARオブジェクトを、壁やドアなど垂直面に配置することが可能となるほか、より精緻なマッピングにより、現実世界に溶け込むようなAR映像が合成されます。

ユーザーのプライバシーを守りつつ企業とつなぐ「ビジネスチャット」

企業とユーザーがiMessageを使って直接やりとりできる「ビジネスチャット」がベータ版としてiOS11.3で提供されます。
 
手軽に企業のサービス担当者と連絡ができるビジネスチャットは、ユーザーの個人情報が企業側に渡されないうえ、不要になったらコンタクトを中止できる、ユーザーのプライバシーを重視したサービスです。
 
iOS11.3 ビジネスチャット
 
サービス開始当初は、金融サービスのDiscoverやWells Fargo、ホテルのHilton、生活用品販売のLowe’sといった企業がビジネスチャットを提供します。

Apple Musicはミュージックビデオを強化、など

Appleはこのほか、以下のような新機能を予告しています。
 

  • Apple Music:ミュージックビデオが強化されます。
  • ヘルスアプリ:病院などで受けた検査結果の一元管理が簡単になります。

 
iOS11.3 ヘルスケア
 

  • ニュース:映像での最新ニュースチェックが簡単になります。
  • HomeKit:プライバシーとセキュリティを保持しながら既存のアクセサリを操作可能になります。
  • Advanced Mobile Location (AML) :緊急通報先に、ユーザーの正確な位置情報を知らせることが可能です。

 
 
Source:Apple, MacRumors
(hato)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる