トップページ > 最新情報 > 【CES 2018】中距離ワイヤレス充電技術に注目集まる
2018年1月11日 09時38分

読了まで 229

【CES 2018】中距離ワイヤレス充電技術に注目集まる

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

CES 2018
 
CES 2018ではワイヤレス・パワー・コンソーシアム(WPC)が策定、推進するQi(チー)に準拠したワイヤレス充電対応機器に加え、中距離ワイヤレス充電技術も高い関心を集めていました。

照明で中距離充電するWi-Charge

イスラエルのWi-Chargeは、赤外線ビームによって離れた場所からのワイヤレス充電を可能にする技術を提供する会社です。同社のシステムは赤外線ビームを送るトランスミッターと、それを受け取って電気に転換するレシーバーとで構成されています。これは太陽光線を電気に転換するソーラーパネルとよく似た仕組みです。
 
トランスミッターは現在3モデルあり、CES会場で実演されていたのは、見た目は普通の照明そっくりな「LIGHTS」です。LIGHTSを天井に設置すれば、トランスミッターを取り付けたスマートフォン、タブレット、ノートPCなどを、ワイヤレスに充電することができます。トランスミッターはドングルやスリーブとして提供されます。
 

CES 2018

見た目は普通の照明


 
Wi-Chargeによれば、トランスミッターが内蔵する電力管理アルゴリズムにより、複数のデバイスを同時に、かつ自動的に充電することができます。またトランスミッターが発する赤外線は100%、レシーバーに届くとのことです。
 
同社のブースではLIGHTSで給電したおもちゃの列車を走らせるデモが行われ、周囲には人垣ができていました。
 
CES 2018

照明でワイヤレス給電しながらおもちゃの列車を走らせるデモ

FCC認可でブースはないのに注目度アップのEnergous

以前よりAppleとの提携が噂されているEnergousは、昨年末に同社の中距離ワイヤレス充電技術「WattUp」が米連邦通信委員会(FCC)の認可を受けた影響で、CESでも本格的に出展していないにも関わらず、ブースには次々と人が訪れていました。
 
同社は単独ではブースを持たず、ワイヤレス充電規格を推進する「AirFuel Alliance」のメンバーとしてCESに出展していました。またデモしていたのは近距離無線通信用のトランスミッターとレシーバーです。
 

CES 2018

近距離通信技術のみをデモ


 
Energousは現地時間1月8日、CESにおいて、心拍数や体温などを測定可能なスマートアパレル「SKIN」を開発するMyantと提携、スマート機能を持つ衣服や下着をワイヤレスに充電する技術を提供しています。
 
 
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる