トップページ > おもしろ ネタ > 歩きスマホは伝統的だったのか!150年前の絵画にiPhoneを見ながら歩く女性の姿
2017年11月16日 23時19分

読了まで 28

歩きスマホは伝統的だったのか!150年前の絵画にiPhoneを見ながら歩く女性の姿

歩きスマホ 絵画
 
歩きスマホの危険性については日々よく耳にしますが、実は19世紀以前から行なわれていた可能性が浮上しています。1850年代に描かれたとされる絵画の中に岩っぽい山道をもろともせず、スマホを見ながら歩く女性の姿が発見されました。

女性の目はスマートフォンらしき物体に釘付け

1850年代にオーストリア人画家のフェルディナント・ゲオルク・ヴァルトミュラーに描かれたとされる絵画の中に歩きスマホをしている女性の姿が見つかりました。
 
歩きスマホ女性を発見したのは英国グラスゴーの地方自治体職員を務めたピーター・ラッセル氏です。ドイツのミュンヘンににあるノイエ・ピナコテークと呼ばれる美術館でヴァルトミュラーの「期待」(Die Erwartete)と名付けられた作品の前を通りかかったときに日常生活で見慣れた光景がラッセル氏の目に飛び込んできました。
 

歩きスマホ 絵画

「期待」(Die Erwartete)1850-60年頃


 
スカーフを頭に巻いた女性が、アプリでメッセージを書いているかのようにiPhoneを両手で支えながら歩いています。岩っぽい山道にも関わらず、女性の目はiPhoneに釘付けで、まるで歩きスマホの危険性を啓発するポスターのようにも見えます。
 
歩きスマホ 絵画
 
専門家によると、女性が手に持っているのはiPhoneではなく賛美歌集とのことですが、あまりに自然な佇まいに一瞬目を疑ってしまいます。
 
iPhoneらしき物体が絵画の中に発見されたのは今回が初めてではなく、350年前にオランダ人画家のデ・ホーホにより描かれた「Het aanreiken van een brief in een voorhuis(玄関で手紙を渡す)」や、80年前のイタリア人画家による「Mr Pynchon and the Settling of Springfield(ミスター・ピンチョンとスプリングフィールドへの入植)」の中にもスマホらしきものを持つ人々の姿を確認することができます。
 
 
Source:DailyMail Online
Photo:Wikimedia
(lexi)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる