80年前に描かれた絵画の中にiPhoneを持った男性が? - iPhone Mania
トップページ > おもしろ ネタ > 80年前に描かれた絵画の中にiPhoneを持った男性が?
2017年8月28日 12時50分

読了まで 156

80年前に描かれた絵画の中にiPhoneを持った男性が?

iPhone


 
イタリア人画家のウンベルト・ロマーノ氏により1937年に描かれた作品の中に、iPhoneらしきものを持ったインディアン風の男性が発見され、ロマノ氏が未来を予測していたのではないかと話題を呼んでいます。

ミスター・ピンチョンとスプリングフィールドへの入植

絵画の表題は「Mr Pynchon and the Settling of Springfield(ミスター・ピンチョンとスプリングフィールドへの入植)」で、1630年前後にマサチューセッツで執り行われた、ネイティブ・アメリカンとイギリス人との間の植民者会合の様子を描いていると言われています。
 

Mr Pynchon and the Settling of Springfield

Mr Pynchon and the Settling of Springfield

1630年前後でも1930年代でも、スマホがあることはありえない

iPhoneらしき存在に気づいたのはVice Magazineのライターのブライアン・アンダーソン氏で、「この男が誰だかまったくわからないけど、セルフィーを撮っているか、ニュースフィードを見ているかのように見える」と語っています。
 
「持ち方が本当に自然で、ちょうど悪いツイートを見たか、トランプ関連のプッシュ通知を避けようとしているようにしか見えない」とアンダーソン氏はコメントしています。

1970年代に登場した携帯電話

携帯電話が初めて登場したのは1970年代で、ましてやスマートフォンにいたっては少なくとも十数年ほどまでは存在しませんでした。
 
歴史家は、ブレード(刃)か鏡ではないかと推測しているようですが、真相は謎に包まれたままです。
 
 
Source:Motherboard
(lexi)

カテゴリ : おもしろ ネタ, 最新情報  タグ :

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる