トップページ > Apple Watch > watchOS 4.1がリリース〜音楽とラジオのストリーミングが可能に
2017年11月1日 05時54分

読了まで 27

watchOS 4.1がリリース〜音楽とラジオのストリーミングが可能に

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

Apple Watch Series3 Apple公式
 
Appleは現地時間10月31日、Apple Watch向けにwatchOS 4.1をリリースしました。今回のアップデートにより、Apple Watch Series 3では、ミュージックアプリでiCloud Music Libraryにアクセス可能となり、Apple Musicのストリーミングが実現しています。

Apple Watch Series 3で音楽やラジオのストリーミング視聴可能に

これまでApple MusicやiCloud Music Libraryの楽曲を聴くには、iPhoneとWi-Fiで同期する必要がありました。しかし今後は、Apple Watch Series 3単独でもWi-Fi経由で音楽が聴けるようになります。またApple Watch Series 3のセルラー対応モデルであれば、Wi-Fiのない場所でも聴くことが可能です。
 
また新しいラジオアプリにより、ラジオのライブ視聴も可能となります(Apple Watch Series 3のみ)。

GymKit対応、Wi-Fiトグルの追加

GymKitに対応したスポーツジムなどのエクササイズマシンと、運動中に測定したデータを共有可能となりました。これにより、より正確な運動データが記録でき、リングを完成しやすくなります。
 
Apple Watch Series 3セルラーモデルのコントロールセンターには、新たにWi-Fiのトグルが追加され、Wi-Fiネットワークのオンオフができるようになりました。以前、不明なWi-Fiに勝手にアクセスするバグが問題になりましたが(その後解決)、このトグルがあればユーザーが自分でWi-Fiへのアクセスを管理可能です。
 
watchOS 4.1
 
 
Source:9to5Mac
(lunatic)

 
 

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる