トップページ > 最新情報 > Appleのヒットの原点は38年前の10月に発売された「スプレッドシート」だった

読了まで 22

Appleのヒットの原点は38年前の10月に発売された「スプレッドシート」だった

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

appleiiad
 
Appleの宣伝やテレビコマーシャルを見ると、「クール」「クリエイティブ」と、おしゃれな印象を受ける人が多いのではないでしょうか。しかしAppleの成功の第一歩となったのは地味なスプレッドシートで、まったくおしゃれなイメージではなかった、と米メディアが述べています。

10月17日はスプレッドシートの日

Appleが1977年に発表した、初の個人向けコンピュータである「Apple II」をヒット商品に押し上げたのは、1979年発売の表計算ソフト「VisiCalc」でした。
 
アメリカではサラリーマンでも確定申告が必要なため、複雑な計算を簡単にしてくれる同スプレッドシートは大人気商品となりました。現地時間10月17日に発売されたため、この日は「国際スプレッドシートの日」と呼ばれています

Apple IIの成功を導いたのはVisiCalc

VisiCalcは発売後2年間、Apple IIでしか使うことができなかったことが、同モデルの売上に大きく貢献しました。VisiCalcを考案したダン・ブリックリン氏は、おもしろいゲームソフトがいくつもあったことがApple IIの購入理由のひとつだったものの、多くの人々がまず購入を決めた理由はVisiCalcだった、と語っています。
 
またApple創業者である故スティーブ・ジョブズ氏も1996年のインタビューで、「Apple IIの成功を導いたのはVisiCalcだった」と語っています。以下の動画をご覧ください。
 

 
 
Source:Quartz
(lunatic)

 
 

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneX/8/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone X・8/8 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる