トップページ > iOS > iOS11コントロールセンターでWi-FiなどがオフできないのをEFFが批判

読了まで 27

iOS11コントロールセンターでWi-FiなどがオフできないのをEFFが批判

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iOS11 コントロールセンター
 
iOS11へのアップデートによって、コントロールセンターからWi-FiとBluetoothを完全にオフにできない仕様になったことについて、非営利組織電子フロンティア財団(EFF)が、「誤解を招くものであり、セキュリティ上も問題がある」として批判しています。

オフにしても朝の5時には自動的にオンの状態に

iOS11では、コントロールセンター上でWi-FiとBluetoothのボタンをオフに切り替えても、実際は現在接続しているWi-Fi アクセサリや Bluetooth アクセサリとの接続が切断されるだけで、iOS11以前のように完全にオフにすることはできません
 
しかもコントロールセンター上でオフにしても、そのiOSデバイスを使っている地域の現地時間で朝の5時になると、自動的にオンになります。iOSデバイスを再起動した場合もオンの状態に戻ります。
 
Appleはこの仕様によって、AirDropやAirPlay、Apple Pencil、Apple Watch、HandoffやInstant Hotspotなどの連係機能、位置情報サービスが継続して使えると説明しています。

完全にオフにするなら設定アプリから

しかしEFFは、「ユーザーインターフェース(UI)が示すのと異なる動作をするような設計は、セキュリティ上またプライバシー上問題がある」として、iOS11の設計を批判しています。ユーザーはコントロールセンターのボタンを切ったことでオフにしたつもりが、実際はそうなっていないというのは紛らわしく、OS設計者を信頼できなくなる、とも述べています。
 
さらに、Wi-FiやBluetoothに常に接続しているという状態は、ユーザーが攻撃にさらされるリスクを高めると指摘し、Appleは少なくとも、ユーザーがコントロールセンターで接続をオフにしたら、翌朝自動的にオンに戻る機能は削除すべきと主張しています。
 
ただし設定アプリを使えば、従来通りWi-FiとBluetoothを完全にオフにすることができます。また設定アプリで機内モードに設定すると、Wi-FiとBluetoothはオフになるのも今まで通りです。
 
 
Source:EFF via MacRumors
(lunatic)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone8/Plus/Xの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone X・8/8 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる