トップページ > iPhoneの使い方 > iOS11新機能 > 【iOS11】コントロールセンターからWi-FiとBluetoothをオフできなくなったことが判明
2017年9月21日 06時13分

読了まで 211

【iOS11】コントロールセンターからWi-FiとBluetoothをオフできなくなったことが判明

iOS11 コントロールセンター
 
iOS11では、これまで可能だったコントロールセンターからのWi-FiとBluetoothをオン/オフの切り替えができなくなったとの報告がありました。一見、画面上ではオフになったように見えるのですが、実はWi-FiとBluetoothがついたままになっていることがセキュリティ研究者のツイートから判明しました。

バグではなくて、そのような機能であるとの見解

iOS11のコントロールセンターからWi-FiとBluetoothをオフできないことに気づいたのは、イタリアのセキュリティ研究者であるアンドレア・バリサーニ氏(@AndreaBarisani)で、「大切なお知らせ:iOS11のコントロールセンターではWi-FiとBluetoothをトグルで切ることができないことが判明」とツイートしました。
 


 
Appleの公式ドキュメントにもその旨が記載されています。
 

iOS 11 以降では、コントロールセンターで Wi-Fi または Bluetooth のボタンを切り替えると、Wi-Fi アクセサリや Bluetooth アクセサリとデバイスとの接続がすぐに切断されます。Wi-Fi も Bluetooth も引き続き使えるので、以下の重要な機能は利用できます。
・AirDrop
・AirPlay
・Apple Pencil
・Apple Watch
・連係機能 (Handoff、Instant Hotspot など)
・Instant Hotspot
・位置情報サービス

 
しかしながら、「設定」アプリを使うと、従来通りWi-FiとBluetoothをオフにできるとのことです。
 
Bluetoothを介してスマートフォンなどの端末をハックできることが先週わかったばかりなので、必要のないときはBluetoothをオフにするよう心がけるようにしましょう。
 
 
Source:Motherboard
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる