トップページ > iPhone8 > 「25%大音量」は本当?iPhone8のスピーカー性能をiPhone7と比較
2017年9月26日 00時46分

読了まで 211

「25%大音量」は本当?iPhone8のスピーカー性能をiPhone7と比較

iPhone8 スピーカー

 
iPhone8本体のスピーカー性能についてAppleは「最大25パーセント音量が大きく、一段と深い低音を再現する」とアピールしています。そこで、iPhone7とiPhone8の音量を、音量計を使って計測した動画を、情報サイトiClarifiedが公開されました。

本体下部と側面中央の2カ所で音量を計測

まず、本体下部のLightning端子の部分で計測した結果です。
 
iPhone8 スピーカー
 

  • iPhone7:99.5dbA
  • iPhone8:101.7dbA

 
次に、本体中央にマイクを向けて計測した結果です。
 
iPhone8 スピーカー

 

  • iPhone7:89.0dbA
  • iPhone8:90.8dbA

iPhone7でステレオ化したスピーカー

音量計による計測値の差は小さなものですが、音量は対数によって計算されるため、Appleがアピールしている「最大25%音量が大きい」というのは、おおよそ合っていると言えそうです。
 
なお、iPhone7で本体のスピーカーがステレオ化された際は、従来の2倍の音量になった、と宣伝されていましたが、昨年、iPhone7とiPhone6sを比較した結果では、2倍の差はつきませんでした。
 
iClarifiedは以前、初代iPhoneからiPhone6s Plusまでの全モデルの音量を比較した調査も実施しています。

スピーカーの位置は本体底面と画面上部の2カ所

ちなみに、iPhone7/7 PlusもiPhone8/8 Plusともに、スピーカーの位置は本体底面の右側と、通話時に耳に当てるレシーバー部分の2カ所です。
 
iPhone8 スピーカー
 
iClarifiedによる計測の動画はこちらからご覧ください。
 

 
 
Source: iClarified
(hato)

 
 

カテゴリ : iPhone8, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる