2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    macOS High SierraのGM版が開発者と登録テスター向けに公開

    macOS 10.13 High Sierra

    macOS 10.13 High Sierra
     
    Appleは現地時間9月14日、Mac向けmacOS High Sierraのゴールデンマスター(GM) Candidate(最終候補版)を、開発者と登録一般テスター向けに公開しました。
     
    なおAppleはmacOS High Sierraの正式バージョンを、現地時間9月25日に公開することを明らかにしています。

    写真、ビデオ機能が向上、Safariが高速化

    macOS High Sierraは現行OSのmacOS Sierraをベースとしており、ストレージ、ビデオ、グラフィックス機能の向上が中心となっています。
     
    iOSではすでに導入されているApple File System(APFS)への移行、HEVC(H.265)形式のビデオへの対応のほか、グラフィックスAPIのMetal2へのアップデートによりThunderbolt経由での外部GPUへの接続が可能になります。
     
    写真アプリでは新しいサイドバーの導入により、編集ツールやアルバムの利用が容易になり、新たなフィルターが追加されます。またPhotoshopやPixelmatorといった外部の画像編集アプリ、印刷サービスにも対応します。
     
    Safariが高速化し、Siriの音声がより自然になるほか、iCloudやFaceTime、Messages、Notes機能も向上します。

    Officeユーザーは要注意!

    「Office for Mac 2011」はmacOS High Sierraではサポートされないので、ユーザーはmacOS High Sierraにアップデートする前に、「Office 2016 for Mac」の最新バージョンにアップデートし、Officeのデータのバックアップを取ることを強くお勧めします。
     
     
    Source:MacRumors
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次