トップページ > Mac > macOS High SierraのGM版が開発者と登録テスター向けに公開
2017年9月15日 05時54分

読了まで 156

macOS High SierraのGM版が開発者と登録テスター向けに公開

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

macOS 10.13 High Sierra
 
Appleは現地時間9月14日、Mac向けmacOS High Sierraのゴールデンマスター(GM) Candidate(最終候補版)を、開発者と登録一般テスター向けに公開しました。
 
なおAppleはmacOS High Sierraの正式バージョンを、現地時間9月25日に公開することを明らかにしています。

写真、ビデオ機能が向上、Safariが高速化

macOS High Sierraは現行OSのmacOS Sierraをベースとしており、ストレージ、ビデオ、グラフィックス機能の向上が中心となっています。
 
iOSではすでに導入されているApple File System(APFS)への移行、HEVC(H.265)形式のビデオへの対応のほか、グラフィックスAPIのMetal2へのアップデートによりThunderbolt経由での外部GPUへの接続が可能になります。
 
写真アプリでは新しいサイドバーの導入により、編集ツールやアルバムの利用が容易になり、新たなフィルターが追加されます。またPhotoshopやPixelmatorといった外部の画像編集アプリ、印刷サービスにも対応します。
 
Safariが高速化し、Siriの音声がより自然になるほか、iCloudやFaceTime、Messages、Notes機能も向上します。

Officeユーザーは要注意!

「Office for Mac 2011」はmacOS High Sierraではサポートされないので、ユーザーはmacOS High Sierraにアップデートする前に、「Office 2016 for Mac」の最新バージョンにアップデートし、Officeのデータのバックアップを取ることを強くお勧めします。
 
 
Source:MacRumors
(lunatic)

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる