トップページ > 最新情報 > NTTドコモ、受信時最大788Mbpsのサービス提供を開始

読了まで 217

NTTドコモ、受信時最大788Mbpsのサービス提供を開始

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

ドコモ PREMIUM 4G

 
NTTドコモは9月4日、LTE通信サービス「PREMIUM 4G」において、受信時最大788Mbpsのサービス提供を開始したことを発表しました。当初はソニー、シャープ、Samsung製スマートフォンの各1モデルで対応します。東京、名古屋、大阪の一部地域から提供を開始し、順次全国に拡大する予定です。

複数の電波を束ねて速度と安定性を向上

NTTドコモの「PREMIUM 4G」は、複数の周波数帯を束ねて同時に使うキャリアアグリゲーション技術により、受信時最大788Mbpsの理論値を達成しており、従来の受信時最大682Mbpsからさらに通信速度が引き上げられています。
 
ドコモ PREMIUM 4G
 
複数の周波数帯を使うことで、ある周波数帯の電波状況が悪化しても、他の周波数帯を使うことができるため、安定した通信が可能となっています。
 
NTTドコモが総務省の定める「実効速度に関するガイドライン(略称)」に基づき計測した結果では、受信実効速度は97Mbps~162Mbpsだった、とのことです。

対応スマホは3モデル

対応機種は、ソニー製「Xperia XZ Premium SO-04J」、シャープ製「AQUOS R SH-03J」、Samsung製「Galaxy S8+ SC-03J」の3モデルのスマートフォンと、NEC製のモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION N-01J」の合計4機種です。
 

ドコモ PREMIUM 4G

ドコモ PREMIUM 4G 対応機種


 
スマートフォン3機種は、配信されている更新ソフトウェアの適用により受信時最大788Mbpsの通信に対応します。
 

 
なお、iPhone7/7 Plusは、受信時最大450Mbpsの速度のLTE-Advancedに対応しており、iPhone6s/6s Plusより50%以上の高速化が果たされています。9月12日に発表されるであろう「iPhone8」の対応速度にも期待したいところです。

KDDIも受信時最大708Mbpsのサービスを開始

9月1日には、KDDIが受信時最大708Mbpsの通信サービスの提供を開始しています。
 
ソフトバンクは昨年9月、iPhone7の発売にあわせて混雑時でも安定した高速通信を可能にする「Massive MIMO」の提供を開始しています。

 
 
Source:NTTドコモ
(hato)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneX/8/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone X・8/8 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる