トップページ > Apple Watch > 次期Apple WatchはLTE対応でも電話はかけられない?VoIPはOK
2017年8月17日 07時15分

読了まで 158

次期Apple WatchはLTE対応でも電話はかけられない?VoIPはOK

watchOS3 Apple Watch
 
今秋発表との説が有力となってきたApple Watch Series 3ですが、LTE通信には対応するものの、通常の電話はかけられないようです。KGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が明らかにしました。

LTE対応でも普通の電話通話はできない

クオ氏によれば、Apple WatchにiPhoneと同様の通話機能を持たせることは可能ではあるものの、Appleはまずデータ通信機能の向上を重視しており、「今年」は一般的な電話通話機能はサポートしないとのことです。
 
ただしFaceTimeやSkypeなどのVoIP通話には対応する、とクオ氏は述べています。FaceTimeの音声通話については現行のApple Watchでもすでに利用可能です。

物理的なSIMではなくeSIM搭載か

クオ氏はApple Watch Series 3に当面一般通話機能を持たせないメリットを2つ挙げています。1つは携帯電話会社と交渉する必要がなくなること、2つめは3G接続を考えなくてもよいため、アンテナ設計を含む内部設計が単純化できることです。
 
クオ氏はまた、LTE対応の新Apple WatchはSIMスロットを搭載する代わりに組み込み型のeSIMを採用し、iPhoneと同じ電話番号を共有する可能性があると予想しています。ただしLTE版Apple Watchは、各国の通信環境によっては使用できない可能性があるため、販売国が限定されるとも指摘しています。
 
またAppleは現時点ではAndroid向けのApple Watchアプリを開発する計画はないため、iPhoneとのような緊密な連携は、Android端末では難しい、とクオ氏は述べています。
 
Apple Watch Series 3は、来月iPhone7s/7s Plus/8とともに発表されるという説が浮上しています。
 
 
Source:MacRumors
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる