2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    ビックカメラとソフマップ、「Macアップグレードプログラム」開始!

    ビックカメラ Macアップグレードプログラム

    ビックカメラ Macアップグレードプログラム
     
    ビックカメラとソフマップは、Apple正規取扱店として初となる、Macの本体価格から2年後の推定買い取り額を差し引いて分割払いする方式の「Macアップグレードプログラム」を2月17日に開始しました。

    月々4,600円でMacBook Airが買える

    Macアップグレードプログラム」は、2年後の想定本体価格(本体価格の約35%)を差し引いた金額に対して分割払いする、自動車で普及している「残価設定ローン」と同様の販売方式です。
     
    ビックカメラ Macアップグレードプログラム
     
    金利手数料も無料となるため、通常の分割払いと比較して毎月の支払額を抑えられるのが特徴です。
     
    たとえば、MacBook Air 13インチ(税抜98,800円)の場合、Apple Care Protectionの23,800円と安心サポートの14,800円を加えた137,400円(税込148,392円)を、初回5,592円、2回目以降は4,600円の支払いで購入できます。
     
    支払月額(2回目以降)は、Mac miniなら3,000円から、MacBookなら5,500円から、MacBook Proなら月額6,000円から、iMacなら4,700円から等となっています。

    2年後は下取り、買取り、終了いずれもOK

    購入から2年後にビックカメラかソフマップの買取カウンターで下取りに出せば、10%増額で買取が受けられ、新しいMacの買い替え資金に利用できます。
     
    あるいは、残価を払ってMacをそのまま使い続けることも、Macを返却して終了することも可能です。
     
    ビックカメラ Macアップグレードプログラム

    サポートサービスも提供

    「Apple care Protection Plan」と、ビックカメラグループ独自の「安心サポート for Mac」が付属するため、本体やiCloudなどの各種設定やメモリ増設、トラブル診断などのサポートも受けられます。
     
    「Macアップグレードプログラム」は、全国のビックカメラ(34店舗)とソフマップ(11店舗)のMac取り扱い店舗で実施されています。
     

     
     
    Source:Macアップグレードプログラム, プレスリリース
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次