iOS10.2ではウィスキーが絵文字で登場!…ところで絵文字ってどうやって決めるの?

    絵文字 ios10.2

    絵文字 ios10.2
     
    ウィスキーの入ったグラスを傾けながらパエリアに舌鼓を打つ――そんなクリスマスらしいシーンをiOS10.2では絵文字で再現できるようになっています。

    ウィスキーファン歓喜!?

    12月12日より正式にリリースされたiOS10.2では、絵文字が新たに100種類以上追加されています。
     
    絵文字 ios10.2
     
    職業では、宇宙飛行士や農家、MacBookを操作する技術者、消防士(すべて男女共)などが追加されたほか、ジェスチャーとして、肩をすくめる、天を仰ぐ、自撮りなどが登場しています。
     
    そして目を引くのが食品です。ベーコンやクロワッサン、アボカド、パエリア、サラダ、パンケーキ、エビ、イカ、シャンパン、ウィスキーなど、一挙に20種類近くが追加されています。
     
    絵文字 ios10.2
     
    特にウィスキーの絵文字は愛好家の間でも待ち望まれていたようで、ウィスキーの専門サイトSCOTCHWISKY.comも「とうとうウィスキー・グラスの絵文字が追加された」と喜びを露わにしています。

    絵文字 ios10.2

    iOSやAndroid、Windows、FBなど各プラットフォームでのウィスキー

    絵文字に採用されるまでの道のり

    実はこうした絵文字は、Appleが独断や思いつきで追加しているわけではありません。もともとは、英語でも“Emoji”として一般的に認識されているとおり、日本の携帯より発祥した文化ですが、今では世界の「共通言語」へと進化しています。
     
    そのため、原則としてAppleやFacebook、Googleなどが提供している絵文字は、Unicodeという国際機関での話し合いのもとに決められています。例えば、2016年にはライフルピストルの絵文字が妥当かどうかについて、議論の機会が持たれたことが分かっています。
     
    したがって、今回iOS10.2で追加されたアボカドやベーコン、自撮りも、2015年5月の段階でUnicode 9.0として新たに規定されたものですし、宇宙飛行士もAppleがUnicodeのフォーラムで2016年8月に提案した絵文字の1つです。
     
     
    Source:Emojipedia,Forbes,SCOTCHWHISKY.com
    (kihachi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    丸みを帯びたiPhone3GSの筐体に惚れ込み、Apple信者を誓ったのも今は昔。2014年から始めたライター業がきっかけで、気づけばXiaomiやHuaweiなど中華スマホにも手を出す浮気症に。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次