トップページ > Mac > Apple、コンシューマー・リポートに反論「テスト結果が合わない」
2016年12月25日 11時19分

読了まで 239

Apple、コンシューマー・リポートに反論「テスト結果が合わない」

MacBook Pro
 
消費者団体専門誌「コンシューマー・リポート(CR)」がMacBook Pro(late 2016)のバッテリー持続時間に「かなりのばらつきがあった」と指摘したことについて、Appleが反論しています。

シラー氏「テスト結果が合わない」

コンシューマー・リポートがMacBook Proを「推奨しない」との評価を公開した後、Appleのワールドワイドマーケティング担当上級副社長のフィル・シラー氏がTwitterで、同誌のテスト結果がApple研究所内のテストやフィールドテストのデータと一致しないこと、また現在同誌の「バッテリーテストを理解するため」協力していることなどを明かしました。
 
コンシューマー・リポートは新型MacBook Proバッテリー持続時間にかなりのばらつきがあり、モデルによって4時間から19.5時間もの開きがあったと報告しています。またブラウザもChromeのほうがSafariよりも電池消耗が少なかったと指摘しています。
 

The Vergeの編集者でIT系の有名コラムニスト、ウォルト・モスバーグ氏を含む多くのレビューワーも、バッテリーの持ちの点から、MacBook Proを推奨しないとの評価を下しています。
 

iMore編集長はCRを「信頼できない」とばっさり

これに対しシラー上級副社長は、iMoreの編集長リネ−・リッチー氏の記事へのリンクをツイートしました。リッチー氏はコンシューマー・リポートの報告書について、テスト結果にばらつきが出たなら、その理由がわかるまで何度でもテストを繰り返すべきだとして、同誌のテスト結果の信用性に疑問を呈しています。
 

コンシューマー・リポートがインチキニュースを作っているとはいわないが、答えを提供するよりも関心を集めようとしているように思える。
 
(中略)バッテリーの持ちが気になる場合、最近はAnandTechかArs Techincaを見るようにしている。彼らはプロセスを見せ、手法について説明し、本当の答えを見つけるまで必要な時間を費やし、答えを公開しているからだ。

 
ただしiPhone in Canadaも指摘しているように、コンシューマー・レポートのテスト結果がどうであれ、一部MacBook Proでバッテリーの持ちに問題が生じているのは事実です。
 
 
Source:iPhone in Canada
(lunatic)

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる