トップページ > 最新情報 > Apple、自動運転車の開発を示す動き!米運輸当局に意見書を提出
2016年12月3日 23時11分

読了まで 228

Apple、自動運転車の開発を示す動き!米運輸当局に意見書を提出

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

NHTSA 自動運転 ガイドライン
 
Appleが、自動運転車の開発に取り組んでいるとみられる動きをしています。アメリカの運輸当局が公開した自動運転システムに関するガイドラインに意見書を提出、国際機関との連携等を求めています。

Appleが米政府の自動運転ガイドラインに意見書を提出!

Appleの製品管理責任者であるスティーブ・ケナー氏が、アメリカの道路交通安全局(NHTSA)の公開した自動運転車に関するガイドラインについて、意見書を提出していたことが分かった、とThe Wall Street Journalが報じています。
 

NHTSA 自動運転 Apple 意見書

Appleが提出した意見書の冒頭部分


 
11月22日付けの5ページに及ぶ意見書で、Appleのプロジェクトについて具体的内容は明かされていないものの、同社が機械学習に重点的に投資を行っており、自動化システムは交通を含む多くの領域において可能性があると考えている、と述べられています。

世界での自動運転システム展開に意欲か

Appleは規制当局であるNHTSAに対し、「命を救う技術開発の促進のため」としてより柔軟性な対応を求めているほか、アメリカだけでなく、欧州経済委員会などの国際機関との連携も求めています。
 
The Wall Street Journalは、この動きを「Appleが将来的に自動運転システムを世界に展開する意欲を示すものだ」と報じています。
 
Appleの広報担当トム・ニューメイヤー氏は、「Appleは機械学習と自動化システムに重点的に投資を行っているので、NHTSAにコメントを提供しました」「このテクノロジーには、将来の交通を含めた応用の可能性が数多くあります。そのため、私たちは業界の成功事例を作るためにも、NHTSAに協力したいと考えています」とコメントしています。

Appleの自動車開発、ソフト開発へと方針転換?

Appleの「プロジェクト・タイタン」と呼ばれる自動車開発プロジェクトについては、今年7月、iPadやMacBook Airなどの開発で実績のあるボブ・マンスフィールド氏を責任者に据え、体制強化に乗り出したと見られていましたが、9月には同部門で大規模な人員整理を行い、プロジェクトの目的をソフトウェア開発へと方針転換したと報じられていました。
 
先日Teslaが、完全自動運転車のカメラが周囲の物体を認識する様子を示すビデオを公開しましたが、これは自動運転開発における高度な画像処理・認識技術の重要性を示すものと言えるでしょう。
 

 
なお、NHTSAの自動運転に関するガイドラインと、Appleが提出した意見書はともにWebサイトで公開されています。

 
 
Source:The Wall Street Journal
Photo:NHTSA
(hato)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる