トップページ > Mac > Touch BarはSamsung製〜次期MacBookへのOLED搭載も検討?
2016年11月2日 10時26分

読了まで 159

Touch BarはSamsung製〜次期MacBookへのOLED搭載も検討?

MacBook Pro Touch Bar


 
新型MacBook Proから新たに搭載されたOLED(有機EL) Touch BarはSamsung製で、Appleは次期MacBookにOLEDの搭載を検討している、と韓国メディアETNewsが報じました。

次期MacBookに搭載を検討か

MacBook Proでファンクションキーの代わりに導入されたTouch Barですが、ETNewによればこれは折れ曲がらないタイプのOLEDで、Samsung DisplayのA2製造ラインで製作されているそうです。またOLEDのドライバICはSamsung ElectronicsのシステムLSI事業部門が製造を担当している模様です。
 
同メディアはAppleがTouch Barだけでなく、次期MacBookのディスプレイ本体にOLEDを採用すべく、現在そのパフォーマンスのテストを行っている、と伝えています。

OLEDはSamsungが独占的に供給

OLEDについては、かなり以前から、来年発売される次期iPhoneに搭載されるという情報が浮上しています。またシャープは次世代iPhone用OLEDパネルを開発中であることを明かしています(次世代が何年になるかは不明)。OLEDはLCD(液晶ディスプレイ)と違ってバックライトが不要なため、薄型・軽量化が可能で、消費電力も少ないという特性があります。Apple製品では、現在Apple Watch、そしてTouch BarがOLEDを採用しています。
 
ただし現時点では、OLEDディスプレイの供給で優位に立っているのはSamsungであり、同社はAppleにとってサプライヤーであると同時に、スマートフォン市場における最大のライバルです。将来的にはわかりませんが、近いうちにiPhoneとMacBookの両方にOLEDを採用し、同社に供給を大きく依存するというのは、あまり現実的ではないように思えます。
 
 
Source:ETNews via 9to5Mac
(lunatic)

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる