トップページ > 最新情報 > Apple、「アクセシビリティ」ページを刷新!「誰もが使いやすい」製品哲学を体現
2016年10月30日 07時30分

読了まで 144

Apple、「アクセシビリティ」ページを刷新!「誰もが使いやすい」製品哲学を体現

Apple アクセシビリティ
 
Appleは、公式Webサイト内の「アクセシビリティ」ページを刷新しました。Macを頭の動きだけで操作するビデオ編集者の女性などが紹介されています。

目が見えなくてもiPhoneでの写真撮影を楽しむ男性などを紹介!

Appleは以前から、障がいの有無に関係なく誰にでも使いやすい製品の開発に取り組んでおり、同社では、生まれつき目が見えない若き女性エンジニアも活躍しています
 
Appleは、新型MacBook Proを発表した現地時間10月27日のイベントで、同社の「アクセシビリティ」Webページのリニューアルを発表しました。
 
Apple アクセシビリティ
 
ページでは、Apple Watch用最新版OS、watchOS3で対応した、車椅子でのワークアウトに取り組むユーザー、iPhoneを補聴器のように活用する男性、iPhoneが被写体を認識しSiriが音声案内する「VoiceOver」を活用して目が見えなくても家族の写真撮影を楽しむ男性などが紹介されています。
 
Apple アクセシビリティ

頭の動きでMacを操作するビデオ編集者の動画も公開!

ページの刷新にあわせて、頭の動きでMacを操作するビデオ編集者の女性を紹介した動画も公開されています。
 

 
なお、macOS Sierraでは、Siriが搭載されたこともあり、アクセシビリティ機能が一層強化されています。

 
 

Source:Apple
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる