ソフトバンク、「SIMロック解除」までの期間を4カ月に短縮へ!

    USIMトレイ

    USIMトレイ

     
    ソフトバンクが、iPhoneなどスマートフォンの「SIMロック」解除までの期間を現行の6か月から4か月に短くする方針であると日本経済新聞が報じています。

    ソフトバンク、SIMロック解除までの期間を6か月から4カ月に短縮へ

    iPhoneなどのスマートフォンは、「SIMロック」がかかっており、端末を購入したキャリア以外のネットワークを使うことができない状態が続いていました。
     
    大手キャリア3社は2015年春から、契約・端末購入から半年経過後に「SIMロック」を解除可能としていました
     
    今回のソフトバンクの方針は、端末購入後4か月経てば、SIMカードを購入し契約することで、ドコモやauのほか、「格安SIM」として注目を集めるMVNO各社を含む他社への乗り換えが容易になることを意味します。

    最近、MVNOが支払う接続料の引き下げが報じられたソフトバンク

    ソフトバンクは先日、MVNOが大手キャリアの回線利用時に支払う接続料を現行から3割超値下げする方針であると報じられていますが、今回の報道との関連性は不明です。
     
    MVNOの市場参入による携帯電話料金の引き下げを促進したい総務省は、以前から大手キャリアに対し、「SIMロック解除」や「2年縛り」「実質0円」など商習慣を改めるよう求めていました。
     
    ソフトバンクが先行して短縮した「SIMロック」解除期間に、ドコモやauも追随すると考えられ、今後の動向に注目が集まりそうです。

     
     
    Source:日本経済新聞
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次