2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    さよなら、Galaxy Note 7〜Samsung、生産と販売の終了を発表

    Galaxy Note 7

    Galaxy Note 7
     
    Samsungは現地時間11日、ソウル証券取引所において、バッテリー過熱による爆発事故の相次いだスマートフォン、Galaxy Note 7の完全な生産および販売の終了を明らかにしました。

    一時的から完全な生産・販売終了へ

    同社は原因究明の間、世界各国の通信キャリアおよび販売店に対し、Galaxy Note 7の販売を中止するとともに、バッテリーを改善した同じモデルでの交換を行わないよう通達していました。またユーザーに対してはただちに電源を切り、使用を中止するよう呼びかけていました。
     
    ロイター通信によると、Samsungは次のようにコメントしています。

    「消費者の安全を第一に考えた結果、生産と販売を中止する決断を下しました」

    株価は1日で8%下落

    Galaxy Note 7の完全な生産・販売中止は、同社に最高で170億ドル(約1,770億円)もの損害を与えるとともに、同社の他の製品の売り上げや企業イメージにも相当のダメージを与えるとアナリストらは述べています。
     
    また11日、Samsungの株価は1日で8%下落し、約200億ドル(2兆830億円)の市場価値を失いました。同社の株が1日でこれほど下落するのは2008年以来のことです。

    iPhone7の対抗馬だった

    今年8月に発売されたGalaxy Note 7は、AppleのiPhone7の対抗モデルとなるはずでした。バッテリー過熱問題が報告されるまでは評価も高く、注文の段階で品切れとなる人気ぶりでした。
     
    しかし爆発問題の報道が相次ぎ、世界的なリコールへと発展。これで問題は解決したかのように見えましたが、リコールで交換品として提供された問題ないはずのGalaxy Note 7も爆発するという、Samsungにとってはまさに悪夢のような事態が起きてしまったのです。

    原因究明は難しい

    Samsungは現時点でも、オリジナルおよび交換したモデルの爆発事故の原因について、正式にコメントしていません。Samsungと面会した韓国技術標準院(KATS)はロイター通信に対し、「今回(交換モデル)の事故のパターンはバラバラなため、原因の分析はさらに難しくなっている」と述べています。
     
     
    Source:Reuters
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次