トップページ > iOS > 伸び率1500%超も!iMessage対応アプリのダウンロード数が急上昇
2016年10月5日 19時14分

読了まで 26

伸び率1500%超も!iMessage対応アプリのダウンロード数が急上昇

iMessage対応アプリ
iOS10のアップデートでiMessageの機能が大きく進化し、メッセージの加工やアプリとの連携ができるようになりました。アメリカのApp Storeでは、iMessageに対応した既存のアプリがダウンロード数を大きく伸ばしているようです。

iMessageへの対応で伸び率1500%超えのアプリも!

米アプリ情報会社Sensor Towerの調査によると、既存のアプリがiMessageとの相互運用を開始することでダウンロード数が大きく増加する傾向があることがわかりました。
 
下のグラフは、iMessageに対応した既存アプリが、iOS10が公開された最初の週にどれほどダウンロード数を伸ばしたかを表しています。
 
iMessage対応アプリ ダウンロード数
もっとも顕著なのは、2014年にリリースされ、早期にiMessageに対応したアニメーションステッカーの作成アプリ「JibJab」です。上のグラフでは成長率1583%を達成しており、驚異的な伸び率を見せています。
 
そのほか、GIFアニメーションを送信できる「GIF Keyboard」は129%、曲の歌詞を共有することができる「Genius」は108%、単語ゲーム「Words with Friends」は74%など、いずれも既存アプリながらiMessageへの対応でダウンロード数を大きく増やしていることがわかります。
 
ただし、この調査は過去2か月の間に5000ダウンロードを超えているアプリのみに注目しており、知名度の低かったアプリがiMessageへの対応だけでダウンロード数が増加したことを示すものではありません。とはいえ、ここまでのダウンロード数の伸びを見ると、既存アプリがiOS10のiMessageに対応する価値は十分にありそうです。
 
日本でも9月14日(日本時間)にリリースされたiOS10のアップデートで、iMessage専用のストア「iMessage App Store」がオープンし、ステッカーパックやゲームなどがダウンロードまたは購入可能となりました。対応アプリの増加で、より多様なコミュニケーションを楽しめるようになることを期待します。
 
 
Source:Sensor Tower
(nanakaba.n)

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる