2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    macOS Sierra、10月3日より自動ダウンロード対応に

    macOS Sierra

    macOS Sierra
     
    Appleは現地時間10月3日より、Macの最新OSであるmacOS Sierraが、自動ダウンロード対応になったことを明らかにしました。ユーザーが自動アップデートをApp Storeの設定でオンにしていれば、何もしなくても自動的にmacOS Sierraがダウンロードされます。

    バックグラウンドで自動ダウンロード

    自動なのはあくまでもダウンロードであり、自動インストールではないことに注意しましょう。ダウンロードが完了すると、インストールの準備が整ったという通知が表示されます。あとは好きなときにインストールするだけです。もちろんアップデートしないという選択肢もあります。
     
    バックグラウンドでの自動アップデートが可能なのは、macOS Sierraをダウンロード可能なスペックのMacのみです。非対応の旧型Macでは自動ダウンロードは行なわれません。

    十分な空きスペースがないとダウンロードしない

    またMacに十分な空きスペースがない場合も、自動ダウンロードされません。さらにダウンロードした結果極端に容量が減ってしまった場合、macOS Sierraは自動的に削除されます。
     
    もちろんアップデートしたくなければダウンロードしても削除できますし、App Storeからマニュアルでダウンロードすることも可能です。
     
    Appleによれば、macOS Sierraの自動ダウンロード機能は、来週中に、ランダムにユーザーに対し公開される予定です。
     
     
    Source:The Loop
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次