トップページ > iPhone7 > iPhone7搭載のA10チップ、周波数は2.33GHzか―A9から大幅向上!
2016年9月13日 20時00分

読了まで 22

iPhone7搭載のA10チップ、周波数は2.33GHzか―A9から大幅向上!

iphone7 バッテリー
 
iPhone7に搭載されているA10 Fusionチップは、12.9インチ版iPad Proすら上回る高性能だと言われていますが、ベンチマークテストによって改めてその詳細が判明しました。

周波数は2.33GHz?

ニュースサイトMacお宝鑑定団Blogが、iPhone7でGeekbench 4を起動したところ、搭載されているA10 Fusionチップのプロセッサは最大2.33GHz、メモリは2GBと表示されたそうです。
 
iphone7 周波数 a10 ベンチマークテスト
 
ただし、以前iPhone7 Plusが別の人物によってGeekbenchで測定された際には、A10 Fusionチップのクロック周波数は2.23GHzと表示されていました。

iPad Proすら上回る性能!

なお、iPhone6s/6s PlusやiPhone SEに搭載されているA9チップのクロック周波数は1.85GHzであるだけに、いずれにしても大幅に数値向上となったA10 Fusionの処理能力に期待が高まります。一般的には数値が高いほど、処理スピードが速いと言われています。
 
また、iPhone7/7 Plusのベンチマークスコアも公開されており、iPhone7ではiPhone6s Plusと比較してシングルコアで約34%、マルチコアで約22%の上昇が確認できます。
 
iphone7 周波数 a10 ベンチマークテスト
 
以前、Geekbenchと並ぶ人気ベンチマークテストAntutuで測定された際にも、12.9インチ版iPad Proや他ベンダーの最新スマートフォンを上回る数値が出ており、やはりiPhone6s Plusとの比較で約33%の性能向上となっています。
 
 
Source:Macお宝鑑定団Blog[1],[2]
(kihachi)
 
 

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる