iPhone7を充電中、普通のイヤホンで音楽を聴くには?Apple副社長がズバリ回答

    iPhone Lightning Dock

    iPhone Lightning Dock
     
    iPhone7にはイヤホンジャックがないため、音楽を聴くときはLightning端子の新型EarPodsか、別売りの変換アダプター、もしくはBluetooth型のAirPodsを用いるしかありません。しかし、ワイヤレスイヤホンであるAirPodsを所有していないユーザーは、充電中にLightningポートが埋まっているとき、どのようにして音楽を聴けばいいのでしょうか。

    Appleの上級副社長からメールが届く

    フィリップ・シラー上級副社長によれば、方法は簡単です。同氏はユーザーからのメールに対し、AirPodsの入手を薦めつつも、iPhone7で充電時に有線イヤホンを使いたい場合は「iPhone Lightning Dock」を買うべきだと回答しました。

    こんにちは Zaheen、
     
    私は自分のiPhone7 Plusを充電しているとき、AirPodsを使って聴くのが好きだよ。なぜなら自由に動き回れるからね。
     
    でも、もしiPhone7の充電中に有線ヘッドホンを使いたいのなら、同じような方法はある。
     
    The Apple Lightning Dockなら、充電しながらヘッドホンかスピーカーを使うためのヘッドホンジャックが付属している。
     
    助けになることを願っているよ。
     
    ありがとう、
     
    Phil

    AirPodsを購入するよりはお値打ち!

    iphone7 音楽 充電中 lightning 聴く 方法
     
    The Apple Lightning Dockとは「iPhone Lightning Dock」を意味していると思われますが、確かにこのドックには3.5mmイヤホンジャックが存在するので、充電中も音楽を聴くことが可能です。
     
    これまでLightningケーブルと旧型EarPodsで音楽を聴いていたユーザーにとっては少々高くつく買い物ですが、価格は5,200円(税別)となっており、AirPodsの16,800円(税別)よりかはお値打ちです。
     
    ただし、あくまでもデスクやカウンターの上に置くことを想定したドックであるため、モバイルバッテリーで充電しながらイヤホンで音楽を聴くというシーンには向いていなさそうです。
     
     
    Source:MacRumors,Apple
    (kihachi)
     
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    丸みを帯びたiPhone3GSの筐体に惚れ込み、Apple信者を誓ったのも今は昔。2014年から始めたライター業がきっかけで、気づけばXiaomiやHuaweiなど中華スマホにも手を出す浮気症に。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次