トップページ > iPhone7 > ドコモ、iDとdカードがApple Payに対応と発表!全国64.4万か所で利用可能
2016年9月8日 19時39分

読了まで 229

ドコモ、iDとdカードがApple Payに対応と発表!全国64.4万か所で利用可能

ドコモ Apple Pay
 
NTTドコモは、電子決済サービス「iD」とクレジットカード「dカード」が、10月からApple Payに対応すると発表しました。

全国64.4万カ所で利用可能なiD

「iD」は、ドコモが2005年12月から提供している後払い式の非接触型決済サービスで、2016年6月現在、全国64.4万か所で利用可能です。
 
「dカード」は、ドコモの携帯電話料金の支払いでポイントが貯まりやすく、ローソンでの支払いに使うと3%割引、などの優待が受けられます。
 
貯まったポイントは、携帯料金の支払いやデータ量の購入などに使うことができます。
 
Apple Payにdカードを設定しても、dカード会員向けの優待内容は変わらず提供されます。

dカードのMasterCard はSuica チャージやオンラインショッピングにも対応

dカードのMasterCardであれば、Suicaへのチャージのほか、iPhoneやiPadからアプリやオンラインショッピングの支払いにもApple Payが利用可能です。
 
また、9月21日に一般公開されるmacOS SierraがインストールされたMacでも、Safariでの支払いにApple Payを使うことができます。

全国のiD加盟店で簡単に利用可能!

Apple Payを使った店舗での支払いは、iPhone 7、iPhone 7 PlusとApple Watch Series 2が対応しており、全国のiD加盟店で利用可能です。
 
ドコモ Apple Pay
 
支払いの際、iDで支払う旨を店員に伝えます。iPhone 7、iPhone 7 Plus はTouch IDに指を乗せたまま、iDのリーダーに近づければ支払いが可能です。
 
Apple Watch Series 2の場合は、サイドボタンを2回クリックしてからiDのリーダーに近づければ支払いが完了します。

安全でスマートに支払いが可能!

Apple Payは、カード番号をiPhoneやApple Watchなどの端末にもAppleのサーバーにも保存せず、決済した店舗にも伝わらないなど、ユーザーの個人情報保護と安全性を強く意識して開発されています。
 
Apple Payでの支払いに使うカードは、Walletアプリに複数登録できるので、目的に応じたカードをスマートに使い分けることが可能です。
 
iPhone7/7 Plusの購入を予定しているiDやdカードのユーザーの方は、Apple Payを試してみてはいかがでしょうか。

 
 
Source:NTTドコモ
(hato)

 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる