トップページ > 最新情報 > Appleが10億ドル出資したDidi、現地Uberを買収で独占禁止法に抵触か
2016年9月3日 02時15分

読了まで 149

Appleが10億ドル出資したDidi、現地Uberを買収で独占禁止法に抵触か

didi tim cook
 
Appleが10億ドル(約1,000億円)を出資した配車サービス企業Didiが、中国の独占禁止法に抵触するとして捜査を受けていることが判明しました。ライバルであるUberの中国事業を買収する計画が理由だとされています。

買収で巨大配車サービス事業の登場を懸念

中国政府当局の発表によると、同国の独占禁止法にDidiが引っかかった理由は、同社がUberの中国事業であるUberChinaを買収する予定であると明らかにしたためだそうです。
 
280億ドル(約2兆8,000億円)の評価額を持つDidiによるUberChinaの買収額は350億ドル(約3兆5,000億円)と、超巨大買収案件であることからも分かるとおり、中国国内における2社の統合によって、配車サービス事業が国内で独占されてしまうのではないかというわけです。

利益が出ていないから独占禁止法には抵触しない?

しかし、Didiに言わせれば、UberChinaの買収は独占禁止法に抵触しません。というのも、UberChinaの売り上げは6,000万ドル(約60億円)に過ぎず、同法で定められた規定額を下回っているからです。実際、以前にもDidiは、自社とUberChinaのどちらも利益が現状では出ていないことを明らかにしていました。
 
Project Titan」と呼ばれる次世代自動車の実験を中国で行うための布石として、Didiに出資を行ったとされるAppleにとっては、ここでもまた政府当局と揉める羽目になるため、頭の痛い話となりそうです。
 
 
Source:iPhone in Canada
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる