トップページ > 最新情報 > Apple、Teslaからまた人材引き抜き~自動車部品の試作スタートか
2016年4月23日 06時04分

読了まで 153

Apple、Teslaからまた人材引き抜き~自動車部品の試作スタートか

Motor TrendによるApple Car デザイン
 
Appleが自動車業界からさらに人材を引き抜き、製品試作品の研究所で採用していることが明らかになりました。

いよいよ自動車部品の試作を開始か

元Tesla社員のDavid Masiukiewicz氏は今月より、Appleが試作品を製作する「Product Realization Lab」に、上級モデルメーカーとして勤務している模様です。LinkedInのプロフィールによれば、同氏のTesla時代の肩書きは「上級CNCプログラマーR&Dハードウェアプロトタイピング」です。
 
昨年8月には、アメリカのレーシングチームAndretti AutosportでCNCマシーンショップ監督を務めていたKevin Harvey氏も、AppleのProduct Realization Labに加わっています。
 
同研究所ではもともと、MacやiOS端末を含むApple製品の試作品を作っていましたが、自動車業界の経歴を持つ人々が次々に採用されていることから、現在は自動車部品の試作品を製作している可能性がある、と米9to5Macは指摘しています。

「Project Titan」の全容は見えないが

Teslaからはつい最近、同社の元VPのChris Porritt氏もAppleに引き抜かれたことが分かっています。
 
Appleの自動車開発プロジェクト、コード名「Project Titan」の全容は不明のままです。しかし自動車開発拠点となる建物のデザイン画の流出や、ドイツのベルリンで極秘の自動車開発研究所を運営しているとの情報が浮上するなど、Appleが自動車開発を進めているのはいまや公然の秘密となっています。
 
 
Source:9to5Mac
Photo:Motor Trend
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる